文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

五十嵐ゆかりのカラダにやさしい発酵食

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

一手間で美味しさUP ニラ麻婆豆腐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ピリ辛味でごはんがすすむ

一手間で美味しさUP ニラ麻婆豆腐

 料理研究家の五十嵐ゆかりです。2月の2週目以降は発酵食品のみそを使用した料理をご紹介しています。

 今回のレシピは、「一手間で 美味(おい) しさUP ニラ麻婆豆腐」をご紹介します。手羽先でとったスープで材料を煮ると、 旨味(うまみ) の詰まった麻婆豆腐になりますよ。

 手羽先でスープをとるのは手間に感じるかもしれませんが、この一手間でグンと美味しくなります。スープは手羽先と水を鍋に入れて煮るだけで作れるから、難しい工程はありません。

 みそやザーサイの旨味、 豆板醤(トウバンジャン) の辛味、酢の清涼感が合わさった麻婆豆腐はごはんが進む味です。ニラの香りが食欲をそそりますよ。

 ごはんと相性抜群の「ニラ麻婆豆腐」。熱々のごはんにのせてお召し上がりください。

[ 作り方 ]

20160221_R

(1)  <鶏スープをつくる>手羽先は関節をキッチンバサミで切ってから鍋に入れる。水を加えて強火にかけ、煮立ったら弱めの中火で1/2量になるまで30分程煮る。このうち200ccを使用する。

 鶏スープの代わりに市販の鶏ガラスープで作るスープ(鶏がらスープの素小さじ1と水200ccを混ぜたもの)を使用してもよいです。

(2)  木綿豆腐は2cm角に切る。ザーサイはみじん切りする。ニンニク、ショウガは皮をむいてみじん切りする。ニラは2mm幅に切る。

(3)  フライパンにゴマ油をひいて中火にかけ、豚肉を色が変わるまで炒めたら、ザーサイ、ニンニク、ショウガ、みそ、豆板醤を加えて全体がなじむようにさらに炒める。

(4)  鶏スープ(200cc)、しょうゆ、酢を加えて煮立たせる。

(5)  鍋に水、塩(分量外、ひとつまみ)を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火にして木綿豆腐を加え、3分程ゆでたら(4)に加え、2分煮る。

(6)  (A)を混ぜて加え、黒コショウ、 山椒(さんしょう) 、ニラも加えてとろみがつくまで1分ほど煮たら器に盛る。

 ※カロリーや脂質を抑えたいときは、豚ひき肉を鶏ひき肉に代えて150gに減らして作ってください。

 豆腐をゆでるときは沸騰させると豆腐がかたくなってしまうため、弱火でゆでてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ヨミドク健康レシピ_五十嵐ゆかり_201411顔_70px

五十嵐(遠藤)ゆかり=いがらし(えんどう)ゆかり

料理研究家、管理栄養士。
株式会社フードクリエイティブファクトリー代表。1987年生まれ、千葉県出身。発酵食品を料理にプラスしてグンと美味しく、ヘルシーにするコツなど、日々の暮らしに取り入れやすいレシピを提案している。美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。

ブログ:http://foodcreativefactory.com/yukari/
HP:http://foodcreativefactory.com/
書籍:「毎日食べたい麹の献立100」や「塩レモンでつくる基本のおかず」など、多数。

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

五十嵐ゆかりのカラダにやさしい発酵食の一覧を見る

最新記事