文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

NEXTライフQ&A

ニュース・解説

地域包括支援センター…日常生活の味方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
地域包括支援センター…日常生活の味方

 高齢になってくると、健康でも日常生活で不便を感じることが増えてくる。そんな時に心強いのが「地域包括支援センター」だ。

 地域包括支援センターはだいたい中学校の学区ごとに1か所整備され、全国に約4600か所ある。住所地で担当のセンターが決まっていて、介護に精通した主任介護支援専門員、保健師または看護師、福祉制度に詳しい社会福祉士らが生活全般の相談にのる。

 介護の必要がなくても、誰でも利用できる。例えば「高い場所の窓ふきや、庭の草むしりがおっくうになってきた」などの悩みには、地域内で生活支援サービスを行うボランティアや業者を紹介してくれる。

 また、自治体や各企業が行う配食サービスや買い物に行く時の送迎サービスの利用方法など、それぞれに適した解決方法を一緒に考えてくれる。

 元気な中高年にとっては介護予防のための体操教室や談話会など役立つ情報も豊富。イベントやボランティア活動の支え手として活躍の場もある。

 川崎市の「レストア川崎 地域包括支援センター」の明石光子センター長は「元気なうちから気軽に訪れてもらい、職員と顔なじみになってもらいたい」とアドバイスしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

NEXTライフQ&Aの一覧を見る

最新記事