文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

気になる社会保障Q&A

ニュース・解説

Q 「介護難民」深刻化するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「団塊世代」の受け皿不足

 

Q 「介護難民」深刻化するの?

 

id=20160308-027-OYTEI50050,rev=2,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

高橋 勇人 県立高校2年。 祖父母と母、姉と暮らす。社会科は苦手。

 Q 「介護難民」が将来、大変な問題になりそうだというニュースを聞いたよ。どういうことなの?

 A 年を重ねると、生活するのに手助けが必要になってくるよね。「介護難民」とは、そうした支援を受けたくても、受けられなくて困ってしまう高齢者のことを表現してるんだ。

 Q どれくらいの人数になるか分かってるの?

 A 民間の有識者で作る「日本創成会議」の試算では、2025年に全国で約43万人。東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で、全体の3割にあたる約13万人を占めるともみられている。

 Q 大変だよね! なぜそんなことが起きるの?

 A まず、お年寄りが増えていることがある。「団塊の世代」って聞いたことある?

 Q 授業で習ったかな……。

 A 終戦直後に、子どもがたくさん生まれた時期があった。その1947年から49年に生まれた人たちを「団塊の世代」と呼ぶんだ。彼らの中には、地方から上京して働いたり、暮らしたりしている人が多い。2025年には、彼らが75歳以上になり、介護が必要になる可能性がある人が急増するんだよ。

 Q でも、人は必ず年を取るんだから、前から分かっていたことでしょ。大変になるんだったら、介護施設をどんどん建てればいいんじゃないの?

 A 話はそう簡単じゃないんだ。特に、東京は土地が足りなくて、建てる場所がない。加えて、物価も人件費も高いから、建てる費用も高くなる。

 Q お金の問題があるのか。

 A それだけじゃない。高齢者は増えるのに、働く人が全然足りないんだ。仕事が大変な割に給料が低いためだと指摘されているよ。職員が集まらず、入居者の受け入れを制限せざるを得ない施設もある。高齢者の自宅でお風呂や食事の手助けをする在宅介護の現場でも、人手不足は同じように深刻なんだ。

 Q 年を取ったら東京には住めないってことなの?

 A 介護が受けられずに困らないよう、元気なうちに、首都圏から、医療や介護に余力のある地方への移住を提案する人たちもいる。

 Q 例えば、どこへ?

 A 日本創成会議では、大分県別府市や北海道室蘭市など、全国41地域を推薦してるよ。

 Q 住めば都なのかもしれないけれど、僕は、地元を離れるのはやっぱり嫌だな。

 A そう思う人がいるのも当然だよ。それに、受け入れに余裕があるとされた地域でも「余裕はない」との声がある。そもそも、住み慣れた地域で暮らし続けられる環境を作ることが、まず大切だよね。近い将来の問題だけに、社会全体で真剣に向き合わなくちゃね。(板垣茂良)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

気になる社会保障Q&Aの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事