文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」

コラム

感謝の「効能」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。

 予防医学研究者の石川です。

 

 先日のことですが、とある老人会のみなさまにお話を伺う機会がありました。一通りお尋ねした後は、お茶を飲みながらの雑談タイムに突入です。

 

 そこで話題の多くを占めていたのが、「介護の大変さ」です。たとえば、次のようなことを述べている方がいました。

 

 「これだけこっちがやっているのに、本人はうんともすんとも言わないから、果たして感謝しているんだろうかと疑問に思うよ」

 

 それに対して周りの方は、「そうよね、そう思っても仕方ないわよね」とうなずきながら共感されていました。すると別の方が、次のようなお話をされました。

 

 「私の家の (ばあ) さんは、“あんたが来てくれるだけで元気になるよ、ありがとう“と手を合わせて感謝するもんだから、こっちもなんとか助けになりたいと思うよね」

 

 ……そのような話が延々続いた後、みなさんの中で次のような結論に到達していました。

 

 「年を重ねると、どうしても体は衰え、人様の力を借りる時が来る。その時にガンコ老人になっていたら、だれも助けてくれない。介護する方もされる方も、お互いハッピーに過ごすためには、いつも周りに感謝しておく必要がある」

 

 私はその話を聞きながら、目からウロコが落ちる思いでした。確かに年齢にかかわらず、ふんぞり返って偉そうに振る舞っている人に対しては、なかなか思いやりが持てないと思います。

 

 日本は世界一の長寿大国ですが、それは裏返すと、世界一介護期間が長い国でもあります。

 そのような時代を健やかに生きるためには、「まわりに感謝する」ということが大事なのかもしれません。

 

 ちなみに感謝の効能は科学的にも実証されています。ペンシルベニア大学の心理学者セリグマンらは、「感謝の訪問」という研究を行いました。これはとても面白い研究で、次のようなステップで実施します。

 

 1)これまで大変お世話になったにもかかわらず、きちんと感謝の言葉を伝えていない人を選ぶ

 2)その人に向けて感謝の手紙を書く

 3)郵送するのではなくその人のところまで出向き、目の前で手紙を読む

 

 日本でいえば、結婚式で新婦から両親に向けて読まれる手紙のようなものでしょう。セリグマンらは150人の協力者を集め、2つのグループに分けました。

 

 感謝の訪問をするグループ(80人)

 若い頃の思い出を毎日1つずつ書くグループ(70人)

 

 そして2つのグループの幸福感を比べたところ、感謝の訪問をしたグループは、もう1つのグループに比べて、その後1か月たったあとでも幸福感が高い状態のままだったのです。

(出典:Seligman M.E.P. et al. American Psychologist 2005;60:410-421.)

 

 つまり、感謝するということは相手だけでなく、自分自身をも幸せにするという効能があるようなのです。

 

 生かされていることに感謝し、周りの方にも感謝する。

 

 そういった当たり前のことをしっかりできる人間になろうと、あらためて気を引き締めましたという今回のお話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

予防医学研究者・石川善樹の『続けたくなる健康法』_顔120px

石川善樹(いしかわ よしき)

 予防医学研究者・医学博士。(株)Campus for H共同創業者。1981年 広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学にて博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と共同研究を行う。専門分野は予防医学、行動科学、機械創造学、マーケティング等。

 著書に「疲れない脳をつくる生活習慣」(プレジデント社)など。最新刊「ノーリバウンド・ダイエット」(なとみみわさんとの共著、法研)が2017年1月19日に発売。

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事