文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ボンジュール!パリからの健康便り

コラム

朝に欠かせないコーヒー、効果巡り賛否両論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 早朝に立ち上るコーヒーの湯気と、その香りはなんとも魅力的だ。パリに来てから、随分とコーヒーを飲むようになった。パリでコーヒーと言えばエスプレッソ。普通にコーヒーを注文すると、この濃いめのエスプレッソが出てくる。大概はコップ1杯の水も一緒についてくる。

 早朝のカフェのカウンターでは、ぐいっと立ち飲みして足早にメトロへ消えて行く人もいる。いわゆるアメリカンコーヒーはカフェ・アロンジェ(伸ばしたという意味)という。カフェ・オレは、カフェ・クレーム(クリームカフェ)とも言う。

 このコーヒーについて、健康に良いか悪いかという賛否両論が時々話題になる。コーヒーを飲まない方がいいのか、飲むにしても量を減らすべきか。いやいや、コーヒーは体にもいいらしいので避ける必要はない。こういった話題はニュースにもなるし、身近な人との話題にも上る。

 コーヒーが良いと言われている点はいくつかある。ポリフェノールという抗酸化物質を多く含むので美容によい。覚醒しやすく、集中力を増加させる効果がある。マグネシウムやビタミン、銅なども豊富に含む。もしかしたら肝臓、腸、乳房などのがん、糖尿病、パーキンソン病などの予防効果があるかもしれない、と言われている。

逆にマイナス面もある。刺激が強いため、過敏性腸炎などには良くない。また胃酸の逆流などがある人にも、胃酸の分泌を増やしてしまうので良くない。また、鉄の吸収量が減少するため、貧血の人は避けた方が良い、などなど。

 量はともかく、フランス人の多くが朝コーヒーを飲んでいるのではないだろうか。仕事場では特に、午前中のコーヒーの摂取量は多いと感じる。ところが、お昼を過ぎると一転、「眠れなくなるから」との理由でコーヒーを飲まなくなる人が多い。

一説では、昼食後にコーヒーを飲んだ後、軽くシエスタ(昼寝)をすると

ちょうどコーヒーのカフェインが効いてきて、目覚めが良いという。眠りに就く5時間前には、コーヒーやお茶などカフェインが入っている飲み物を控えるように気をつけている人が多い。ただ個人差もあり、あまり影響しない人もいるようだ。

 朝、紅茶派のフランス人は少ないと思う。やはり断然コーヒー派が多い。フランスのカフェの歴史は長く、コーヒーが入って来たのは1644年。マルセイユから北上してパリにも広まる。初めてコーヒーを飲んだ王様はルイ14世だったという。その後、貴族の間で様々な効果があると言われて流行し、時代とともに文豪や芸術家の間、さらには市民へと広がって行った。

 当初も賛否両論あり、「黒い悪魔」を飲むと攻撃的になる、短期間の飲用でも常習性があると言われたりする一方で、「興奮剤」や、頭痛に効果がある飲み物と言われたりしていた。

 今もまだ根強いフランスのコーヒー文化。飲むにしても、自分に合った適量を飲むことが大切だと思う。私も午前中などは飲み過ぎてしまうことがある。昼食前の空腹時などは気をつけようと思う。

■今週の一句

(りん) として 鉄の貴婦人 春を待つ

朝に欠かせないコーヒー、効果巡り賛否両論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ボンジュール!パリからの健康便り_古田深雪_顔120px

古田深雪(ふるた みゆき)

1992年渡仏。
1997年より医療通訳として病院勤務。

ボンジュール!パリからの健康便りの一覧を見る

2件 のコメント

少し慣れてきました

パパノエル

私は元々紅茶派で、フランスでは市民権を得ていないミルクティーが大好きですが、確かにスーパーなどでは、ミルクティーに合うお茶があまり売られていない...

私は元々紅茶派で、フランスでは市民権を得ていないミルクティーが大好きですが、確かにスーパーなどでは、ミルクティーに合うお茶があまり売られていないのが寂しいですね。
こちらは、フレーバーティーやハーブティーが人気ですよね。
私は、クスミティーのアッサムをミルクティにして飲んでいます。

まわりはやっぱりコーヒー派が多いですね。
特にネスプレッソが出てからは、職場でもお手軽にエスプレッソが飲めるようになりました。
私も、朝、職場についたらまずはカフェインレスの濃く入れたエスプレッソにたくさんミルクを注いでカフェ・オ・レにして飲みます。
同僚に言わせれば、私のはミルクが多すぎて、カフェ・オ・レではなく、レ・オ・カフェだそうですが(苦笑)

つづきを読む

違反報告

コーヒー

セントパンクラス

フランスではコーヒーより紅茶の値段の方が高くて驚きました。あまり飲まれないので高価なのでしょうか、イギリスとは逆ですね。マクドで紅茶を頼み「ミル...

フランスではコーヒーより紅茶の値段の方が高くて驚きました。あまり飲まれないので高価なのでしょうか、イギリスとは逆ですね。マクドで紅茶を頼み「ミルクをくれ」と言うと絶対「ない」と言われます、イギリスではあり得ません! しかも茶葉は一種類、アールグレイのティーバッグ(イギリス直輸入、笑)しかなかったこともあります(@ストラスブール)。郷に入れば郷に従えで、フランスではコーヒーを注文するべきなのでしょう。イギリスみたいにインスタントコーヒーが平気で出てくることもないでしょうし・・・。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事