文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

医療・健康・介護のニュース・解説

重粒子線治療 自己負担が軽減…骨軟部腫瘍に保険適用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 がんに対する特殊な放射線療法である重粒子線治療が4月、骨や筋肉などにできた腫瘍(骨軟部腫瘍)に対して保険が使えるようになる。これまでは国が保険併用を認めた先進医療で300万~360万円程度の自己負担が必要だったが、大幅に軽減される。周りの正常組織をより傷つけない新たな技術開発も進んでいる。(渡辺理雄)  重粒子線治療は、千葉市稲毛区の放射線医学総合研究所(放医研)が1994年に世界に先駆けて始め…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事