文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

医療・健康・介護のコラム

何となく不具合、ことごとく不具合…「不定愁訴」で片付けないで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ぶどう膜とは眼球を囲む膜のうち真ん中にある虹彩、毛様体、脈絡膜を指し、ここに何らかの原因で炎症が生じた状態を「ぶどう膜炎」とよんでいます。

 その中に原田病という病があります。これはいわゆる急に両目の視力低下が生じ、視神経乳頭が腫れ、網膜剥離が出現する、目や全身の色素をターゲットにした自己免疫疾患です。

 比較的改善しやすいとされてはいますが、「見えなくなってはじめに読む本」(大活字)を あらわ した重度の視覚障害を持つ稲垣義彦氏のもとの病気は原田病であり、病の重篤さ、合併症の有無、治療の時期や適否でいろいろな程度に後遺症が残ります。

 作家の森まゆみ氏は原田病にかかった体験を記した「明るい原田病日記」(ちくま文庫)で、こう述べています。

 ――なんとなく不具合、ことごとく不具合、そういうとみんな、ああ不定愁訴ね、という。その一言で片付けられる。

 こうも書いています。

 ――(先生は)「もっと悲惨な患者さんはたくさんいます」とおっしゃるのだが、先生はたくさんの症例で比較考量なさるとしても、私にとってみれば一回きりの固有な経験であり、とうてい完治したとは思えない。これで十分不具合で、問題だらけで、つらいのだ。

 患者が不調を訴えているのに、「この病気の治療としては十分うまくいっています」とか「もっと悲惨な患者さんはたくさんいます」という医師の発言は、何だか子供の口答えのようでもあります。毎日毎日、痛がり、 つら がり、不都合を口にする大勢の患者と接するうちに培われてしまった一種の職業上の麻痺からくる、想像力の欠如なのでしょう。

 私の外来の原田病患者の多くは、「明るい原田病日記」の中に私の名前を見つけて来院した方々です。ある女性は、その治療後間もなく復職しました。その数か月後、急に会社に退職者が出て、穴埋めのため異動になりました。これまでの慣れた仕事から、一転仕事量が増え、責任も重くなりました。そうこうしているうちに、眼は疲れ、体は重くなり、気力が低下しました。

 心配した彼女は、予約を前倒しにして来院しました。炎症はごくわずかで、再発というほどの所見はありません。

 でも、これはまさに「なんとなく不具合、ことごとく不具合」という状態。今の仕事量が病後の彼女にとって負担がかかりすぎているのだろうと判断し、とりあえず、1か月の休職を指示しました。眼科のプロたる私という人間が、可能な限り想像力を全開にして下した判断です。会社にも、同じように想像力を働かせてほしいと思いながら-----。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任。15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人 心療眼科医が本音で伝える患者学」、「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因」(集英社)、医療小説「茅花流しの診療所」、「蓮花谷話譚」(以上青志社)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半は講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

<PR情報>

最新記事