文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

気になる社会保障Q&A

ニュース・解説

Q 年収103万円・130万円の壁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

税、社会保険 女性の意欲そぐ

 

Q 年収103万円・130万円の壁

 

id=20160216-036-OYTEI50014,rev=2,headline=false,link=false,float=right,lineFeed=true

坂本 知佳 県立高校2年。共働きの両親と暮らす。数学が得意。

   結婚した友達のお姉さんが、事務のパートで働き始めるの。でも長時間働いて、収入が増えると「損になるかも」だって。そんなことってあるの?

   「103万円の壁」や「130万円の壁」のことを言っているんじゃないかな。

   壁?

   パートなどで働くサラリーマンの妻は、年収が一定のラインより多くなると、税金や社会保険料の負担が発生するんだ。稼ぎを増やしたくても、支払う分のお金が増えると考えて、女性が働き方を手加減する理由に挙げられているよ。

   何だか難しいわ。

   ひとつずつ説明しよう。まず103万円の壁。この壁をこえると自分の所得税が発生する上に、夫の所得にかかる税金を減らせる「配偶者控除」が利用できなくなる。妻を養う夫の負担を軽くするため、所得のうち年間38万円を差し引き、税金の掛かる額を小さくするんだ。支払うお金が一気に増えると大変なので、緩やかにする仕組みもある(配偶者特別控除)。

   103万円は税に関係するのね。じゃあ、130万円の壁は社会保険料だね。

   正解。収入がこの壁に届くと、妻は夫の扶養から外れ、年金や健康保険の保険料を自分で納めなければならない。

   扶養から外れる?

   夫の稼ぎで家族の生計を立てている場合、その妻は保険料を負担する必要はない。でも、妻が働いて年収が130万円以上になると、夫が養っている状態とはみなされず、妻本人の保険料が発生する。

 実は10月から、130万円の壁が大きく変わる。週20時間以上働き、106万円以上の年収がある人は、厚生年金に入って保険料を納めることになる。

   「壁」が106万円になっちゃうの? そうすると働く時間をもっと減らしそうだけど。

   そうとも言えるけど、厚生年金に入ると、老後の年金が増えるメリットもある。夫の扶養内であれば基礎年金のみだけど、これに加えて厚生年金も受け取れる。今回は従業員501人以上の企業に勤める人に限られるが、国は今後、対象者をさらに拡大したい考えだ。

   壁の話を聞いていると、専業主婦や、働く時間が少ない人の方が得に思えるなあ。

   鋭いね。今の制度がつくられたのは、日本の経済が発展した時代で、夫が外で働き、妻は家事や育児に専念するのが普通だった。

 でも、時代は大きく変わり、夫婦ともに働く世帯の方が多くなった。人口減少による働き手不足で、女性の活躍にはさらに期待が高まっている。もっと働きたい人が、意欲的に働けるような制度に見直していく必要があるね。

(手嶋由梨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

気になる社会保障Q&Aの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事