文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPSから「がん攻撃細胞」、肺がん治療など応用期待…京大チーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
iPSから「がん攻撃細胞」、肺がん治療など応用期待…京大チーム

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、がん細胞を攻撃する免疫細胞の一種「NKT細胞」を作ることに成功したと、京都大iPS細胞研究所の金子新准教授らのチームが発表した。

 がん治療への応用が期待される成果で、10日の米科学誌ステムセル・リポーツ電子版に論文が掲載される。

 NKT細胞は、がん細胞を攻撃すると同時に、他の免疫細胞を活性化させる性質も持つため、大量に増やしてがん患者に投与すれば、高い治療効果が見込めるという。ただ、血液中にわずかしか存在せず、大量に増やす方法もなかった。

 チームは、健康な人のNKT細胞から作ったiPS細胞に、免疫細胞への変化を促す数種類のたんぱく質を加える手法で、若いNKT細胞を作製。これらが実際にがん細胞を攻撃し、他の免疫細胞を活性化させることを実験で確かめた。

 iPS細胞は無限に増やせるため、NKT細胞も大量に作製でき、将来的には肺がんや 頭頸とうけい 部がんなどの新たな治療につながる可能性があるという。

 同様の研究は、理化学研究所と千葉大も進めており、がん患者に投与する臨床試験(治験)を3~4年後にも始める見通しだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事