文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わたしの医見

医療・健康・介護のコラム

処方薬に不信感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

川崎市 主婦 72

 高齢化で医療費が膨らむという話を見聞きするが、その原因は患者だけの問題ではないと思う。

 70歳になったおととしのこと。医療費が1割負担になり、当時のかかりつけのクリニックで処方される薬が急に増えた。

 医師は、カルテで過去の病名を探り、下剤や湿布だけでなく、予防用として30年以上前に改善したはずのぜんそくの吸入薬も処方した。隣接する調剤薬局の売り上げに協力するためではないかと不信感を抱いた。

 納得できず、別のクリニックを受診。医師に事情を説明して、高血圧治療薬のみになり、現在はここに通院している。医療費の増大を防ぐ心がけは、医師側にも必要と感じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iken_117

【わたしの医見のご投稿募集】

医療に関する体験、意見、疑問をお寄せください。
住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、〒100・8055読売新聞東京本社医療部「わたしの医見」係(ファクス03・3217・1960、メールiryou@yomiuri.com)へ。
読売新聞紙面にも掲載されます。

わたしの医見の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

薬をたくさん出す医師

miikun

ポンポンと薬を出す医師は確かにいると思います。投稿者がご指摘以外の理由を考えてみました。 先輩にそう習ったのでそういうものだと思っている。製薬メ...

ポンポンと薬を出す医師は確かにいると思います。投稿者がご指摘以外の理由を考えてみました。
先輩にそう習ったのでそういうものだと思っている。製薬メーカーからたくさん処方するよう頼まれている。ガイドラインで推奨されている薬は一通り出さなければいけないと思っている。薬を出さないと何もしていないような気がして不安になる。薬を出せば患者さんが喜ぶと思っている。話をするのが苦手なので薬を出してその場をしのぐ。
私はどうかといえば、薬と言えば聞こえが良いですが、所詮はほどよく毒を薄めたものにすぎないと思っています。なので、自分がどうしても必要だと思い、かつ患者さんが欲しがった場合しか出しません。私が必要ではないと思う薬を欲しがる患者さんも中にはいらっしゃいますが、処方はお断りしています。気分を害されているように感じることもありますが、仕方がないと諦めています。
こればかりは医師のポリシーに関わるので修正は容易ではなさそうです。自分に合わないと思えば主治医を変えるのもやむを得ないでしょう。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事