文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

オトコのコト 医師・小堀善友ブログ

妊娠・育児・性の悩み

おたふく風邪…ワクチンで予防できる男性不妊症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 最近、おたふく風邪が流行しているようです。

 

 おたふく風邪は、正式には、流行性耳下腺炎といいます。耳下腺とは (あご) の横にある唾液を出すためにある組織です。ムンプスウイルスに感染して起こります。両頬が腫れることから、別名おたふく風邪と呼ばれています。

 

 おたふく風邪の合併症には、無菌性髄膜炎、感音性難聴、脳炎、精巣炎、卵巣炎、 (すい) 炎があります。患者の100人に1~2人が無菌性髄膜炎を発症し、入院が必要となるような状態になります。また、ムンプス難聴は患者の0.1~1%にみられ、年間700~2,300人のムンプス難聴(高度感音性難聴)が日本で発生していると推定されています。逆に、20%ほどがムンプスウイルスに感染しても耳下腺炎を発生しない(頬が腫れない)というややこしいこともあります。

 

おたふく風邪…ワクチンで予防できる男性不妊症

 男性不妊を専門とする泌尿器科医として、皆さんに注目してほしいのが、精巣炎です。ムンプスウイルスの感染により両側の精巣炎になると、なんと精子が出来づらくなり、精巣炎になってしまった30~87%が男性不妊症になる可能性があるのです。

 おたふく風邪の原因はムンプスウイルスと先ほど書きましたが、ワクチンがあります。麻疹、流行性耳下腺炎、風疹を予防することができるワクチンは、麻疹(measles)、流行性耳下腺炎(mumps)、風疹(rubella)の頭文字を取ってMMRワクチンと呼ばれます。かつて、MMRワクチンを使用することで自閉症になる可能性があるという論文が報告されて議論を呼んだのですが、結局のところはその内容が虚偽であることがわかり、論文を発表したイギリスの医師は医師免許を剥奪されたというドラマチックな物語もありました。

 

 現在、日本ではMMRワクチンではなく、ムンプスを抜いた麻疹と風疹のワクチン(MRワクチン)が就学前に2回の定期予防接種となっています。その理由は、ムンプスウイルスのワクチン接種で無菌性髄膜炎という重篤な副作用があったからです。しかし、国立感染症研究所のホームページを見ると、予防接種をしないで無菌性髄膜炎になったが症例が1%以上であったのに対し、ワクチン接種にともなう無菌性髄膜炎は0.05%であったといわれています。さらに、現在ではムンプスワクチンによる無菌性髄膜炎の副作用は、さらに少ないであることがわかっています。

 

 現在、ムンプスワクチンは任意接種となっていますが、私は男性不妊症の専門家としてワクチンの接種をお勧めしたいと考えています。ワクチンを打つことで、男性不妊症も予防できる可能性があるのです。

 

 ただし、日本だけでなく世界でも定期的にアウトブレイク(集団発生)が起こっています。例えば、2年前のボスニア・ヘルツェゴビナ、去年のオランダとスペインでアウトブレイクが起こったことが報告されました。その新規患者の7割がワクチン接種済みだったとのことですが、接種が1回だけで不十分であったことが指摘されています。

 

 ムンプスワクチンの効果と安全性は、諸外国での成績などより明らかとなっています。しかし、わが国では残念ながら、現在も定期接種の対象になっていません。そもそも多くの人がワクチンを接種していれば、流行がコントロールされることにより合併症も予防されます。ムンプスワクチン接種が義務でないのは先進国では日本だけなのです。

 

 ワクチンの問題は、難しい問題であると思います。

 近年では、子宮 (けい) がんワクチンをめぐり様々な議論がされているのはご存じの通りです。

 

 ムンプスワクチンは、厚労省がまとめた予防接種の基本計画の中で、広く接種が望ましいワクチンの一つにあげられ、定期接種を目指す動きもあります。今後、正しいエビデンスに基づいた議論がされることを望みます。

id=20160128-036-OYTEI50008,rev=3,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=false
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オトコのコト_小堀善友顔120px20150821

小堀善友 (こぼり よしとも)

泌尿器科医 埼玉県生まれ

2001年金沢大学医学部卒、09年より獨協医科大学越谷病院泌尿器科勤務。14年9月から米国イリノイ大学シカゴ校に招請研究員として留学。専門分野は男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症。詳しくはこちら
主な著書は『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)。詳細はこちら

オトコのコト 医師・小堀善友ブログの一覧を見る

<PR情報>

最新記事