文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

がん患者16人に「遺伝子治療」称し無資格治療…容疑の歯科医ら逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都江東区の診療所「東京有明メディカルクリニック」(閉院)で、医師免許を持たない看護師らが医療行為を行っていたとして、警視庁は25日、同クリニックを運営していた医療法人社団「秀真会」(調布市)理事長で歯科医の玉置秀司容疑者(58)(府中市)ら男女3人を医師法違反(無資格医業)容疑で逮捕した。

 2013年以降、少なくとも末期がん患者ら16人に「遺伝子治療」と称した医療行為を行っていたといい、同庁で診療実態を調べる。

 他に逮捕されたのは、同クリニックの看護師だった赤坂修子容疑者(42)(大田区)と、NPO法人「先端医療支援機構」代表玉置公人容疑者(42)(港区)。

 同庁幹部によると、秀司、公人両容疑者は13年9月~14年3月頃、同クリニックで医師免許がない赤坂容疑者に指示し、がん患者ら男女6人に計37回にわたって「遺伝子治療剤」と称して点滴するなどした疑い。逮捕前の聴取に秀司容疑者は容疑を否認していたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事