文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

安倍首相の持病・潰瘍性大腸炎「完治でなく、薬でうまく抑えている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 世耕弘成官房副長官は23日、長野市内で講演し、「安倍首相は大変元気だ。スタッフの方がしんどくなる。首相はおそらく『日本を立て直すためなら死んでもいい』という思いで仕事に真剣に取り組んでいる」と強調した。

 首相の持病「潰瘍性大腸炎」に関しては「完全に治ったわけではない。薬でうまく抑えている」と述べた。政府高官が公の場で、首相の健康問題に言及するのは異例だ。

 潰瘍性大腸炎は厚生労働省指定の「特定疾患」で、2006年発足の第1次内閣では早期退陣の一因となった。首相は09年に発売された新薬を服用して政権復帰を果たした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事