文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

「ぼやけて見える」には2種類の原因…テレビ番組で大反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 昨年の12月、「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」というテレビ番組で、ものがぼやけて見えるのをきっかけに、脳脊髄液減少症という病気が見つかり、治療で改善が得られた、私が診察を担当した症例が紹介されました。

 テレビ番組への出演は、翌日以降、病院の電話予約センターに相当な迷惑をかけます。

 番組では、名医だの、革命児だのとやたらと誇張した表現で紹介され、構成も面白おかしく進め視聴率も稼ごうとしますから、視聴者に「この医者に一度みてもらいたい」という気を起こさせるのかもしれません。

 過去にも数回迷惑をかけていますので、12月と1月に専用の予約枠を用意しておきました。いつもなら大体それで足りるのですが、今回はオンエアの翌日の午前中だけでも300を超える電話があり、あっという間に用意した枠は満杯になり、6月までの初診予約枠まで埋まってしまいました。

 これだと、他の病医院からの紹介や、番組視聴者以外で予約したい方々を受け入れる余地がなく、困った事態です。

 話題は、脳脊髄液減少症(これについては、いずれ詳しく取り上げます)で、どちらかというと頻度の低い病態ですから、この反響は予想外のことでした。

 どうしてこんなことになったのでしょう。

 この人の訴えは、「ものがぼやけて見える」「まぶしい」というものですが、正常とか、疲れ目と片付けられていました。確かに、視力は正常ですし、眼球に異常は見当たりません。

 人が「ものがぼやける」と感じる場合、2つの場合があることを、番組では解説しました。

 一つは、右または左目で見た時にピントが合わない状態です。

 もう一つは、両目で見た時に二重にずれてぼやける場合です。この場合、原則として片目ずつで見た時はぼやけません。

 前者は、眼鏡などでの矯正が不適切な場合や、角膜、水晶体、眼底などに病気がある場合です。これは、一般眼科の診察でわかる場合がほとんどです。

 後者は、左右の目からの視覚信号にずれがあるような場合に生じます。健常者でも左右の目で見える像はわずかにずれているものですが、それが脳で統合、調整されてはじめて一つのものとして見え、しかも距離感や立体感も測定できるような仕組みになっています。

 この機能は、眼球と脳との共働作業ですが、それが崩れると、二重にぼやけることになるのです。

 この種の異常は、この方面を多少学んでいる眼科医でないと見つけられません。

 おそらく、後者のような自覚症状があるのに、眼科で適切でない診断や対応を受けていた患者数が、潜在的に多いための大反響かと踏んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因」(集英社)、医療小説「茅花流しの診療所」(青志社)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事