文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!yomiDr.

ニュース・解説

1975年の日本の食卓…ちょっと洋食 最も健康的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 低カロリーで低脂肪、魚介類を多く使う日本食は健康的で、日本人が長生きの理由の一つになっている。

 日本食も、時代とともに変化しているが、中でも1975年頃の食事が最も健康的だということがわかってきた。ちょうどアニメ「ちびまる子ちゃん」の時代。昔ながらの和食の良さに、ちょっと洋食が加わって、食材や調理法が豊かになったのがポイントのようだ。

 東北大の都築毅准教授(食品機能学)らは、実際の料理を凍結乾燥して、ネズミに食べさせる手法で、どんな食事が健康に良いか調べている。一つ一つの食材や栄養素ではなく、食事全体を評価できるのが特徴だ。

 現代の日本食と米国食を比較すると、ハンバーガーやフライドチキンなどの米国食に比べて、日本食は内臓への負担(ストレス)が少なく、糖や脂肪の代謝を促進して、健康的であることが確かめられた。

 ただ、一口に日本食といっても、この50年で大きく変化している。どの時代のどんな日本食が健康に良いのか?

 都築さんらは、国民健康・栄養調査などのデータをもとに、現代(2005年)、1990年、75年、60年の1週間分の食事を再現して、ネズミに4週間食べさせて比較した。

 それぞれの食事は〈1〉現代は欧米の影響を受けた献立が多く、脂質の割合が高い〈2〉90年は現代と大きな差はないが、カロリーがやや少ない〈3〉75年はご飯中心で、欧米の影響を少し受けている〈4〉60年はご飯の割合が非常に大きく、魚介類が主なたんぱく源――という特徴がある。

 ネズミの脂肪の蓄積量は、75年が最も少なく、肝臓の遺伝子の働きを調べたところ、糖や脂肪を代謝する働きが高まり、ストレスが軽減していた。

 次に、老化の影響が出やすいネズミに、それぞれの日本食を一般飼料に3割混ぜて飼育したところ、75年のネズミは58週齢まで長生きし、現代は49週齢、90年は54週齢、60年は52週齢だった。がんの発症も75年が最も少なかった。

 48週齢の時点で、動きや毛づやなどを比較したところ、75年が最も若々しく、記憶力テストも最も成績が良かった。

 75年の食事の何が良いのか?

 都築さんらはまず、炭水化物、たんぱく質、脂質のバランスに注目。通常の飼料で、それぞれの年の3大栄養素の割合を再現し、ネズミに与えたが、このような違いは出なかった。

 「75年の食事は、昔ながらの日本食の良さに、洋食がほどよくプラスされ、食材が増えて、卵などの摂取が増えた。魚介類や大豆、果物、海藻、緑茶も豊富で、食物繊維やポリフェノールなどが多いのも、健康に良い影響を与えているのではないか」と都築さんは分析する。

 東北大が宮城県大崎市で65歳以上の市民を対象に行った大規模な追跡調査でも、みそ汁や魚、大豆、果物、海藻、緑茶を多く摂取している人は、要介護となるリスクが低いという結果が出ている。多くの種類を少しずつ食べることは、分散して消化、吸収できるため、内臓への負担を減らす効果もあるという。

 都築さんらは来年、成人の男女60人を対象に、75年と現代流のおかずを1か月間3食食べ続けた場合で、体重や血液の検査値、遺伝子の働き、睡眠状況、腸内細菌にどのような違いが生じるか調べる。

 都築さんは「75年の食事も、塩分が多いなどの欠点はある。良いところを上手に生かすことが大切」と話す。(杉森純)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!yomiDr.の一覧を見る

最新記事