文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

RSウイルス、肺炎の恐れも…異変感じたら早めに受診

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 RSウイルス感染症が乳幼児を中心に流行している。風邪に似た症状のため見過ごされやすいが、2歳以下の子が感染すると、肺炎などの重症を引き起こすこともある。異変に気づいたら早めの受診が必要だ。また、予防のため、親子で手洗いを徹底したい。

 国立感染症研究所によると、小児科のある全国約3000医療機関が報告したRSウイルス感染症の患者数は、11月23~29日の1週間で6598人に上った。その前週には今シーズン最多の6687人を記録している。同研究所は「年末をピークに来春まで流行は続く」と、注意を呼びかける。

 RSウイルスは、1歳までに約半数が、2歳までにほぼ100%が1度は感染し、その後も何度もかかる。鼻水やせき、発熱など風邪に似た症状が特徴だが、初めて感染した乳幼児の25~40%が肺炎や気管支炎になるなど重症化する。

 せき、くしゃみなどのしぶきや接触によってうつる。感染力が強く、手すりなどに付着したものでも、その後4~7時間は感染力が持続するという。

 ただ、親世代の認知度は決して高くない。医薬品メーカーのアッヴィが7月、2歳以下の子を保育施設に預ける親1030人にインターネット調査したところ、「どんな病気か知っている」は33%。「名前は聞いたことがある」は43%で、「知らない」も24%いた。

 多摩北部医療センター(東京都東村山市)小児科部長の小保内おぼない俊雅さんは、「実はインフルエンザよりも怖い」と話す。高熱を伴うインフルエンザは大人が警戒して早めに受診させるが、RSウイルスは風邪と誤解して受診が遅れがちという。インフルエンザのような予防注射もない。

 「2歳以下の場合、重症化して入院が必要になったり、突然亡くなったりするケースもある」と小保内さんは指摘する。特に新生児や37週未満で生まれた早産児、心疾患などのある子は重症化しやすい。特効薬はなく、症状を和らげる治療が中心だ。

 「一番大事なのは乳幼児に感染させないこと」と小保内さん。今の時期は〈1〉乳幼児をむやみに人混みの中に連れ出さない〈2〉風邪を引いた人を乳幼児に近づけない〈3〉乳幼児が触れるおもちゃなどはこまめにアルコール消毒する〈4〉風邪を引いた家族はマスクをつける――などを守ることが大事という。

 また、風邪のような症状でも、呼吸が浅い、ゼコゼコという変な音のせきが出る、ミルクの飲みが悪いなど、少しでも違う症状に気づいたら、早めに受診させよう。

歌に合わせて手洗い

 RSウイルスなどの感染症の予防には、日頃の手洗いが欠かせない。帰宅後や食事前などにせっけんをつけて15秒以上丁寧に洗い、よく洗い流すのが基本だ。

 童謡など歌に合わせれば、楽しく手洗いできる。花王の「あわあわ手あらいのうた」(http://www.kao.co.jp/biore/biore-u/hand/song/)は、手の動きを「オオカミ」「バイク」などで示し=イラスト=、幼児にも分かりやすい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事