文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

1件 のコメント

コメントを書く

腫瘍内科医以外の抗癌剤投与処方への疑問

太郎

ふと思ったのですが、抗癌剤治療は「医師の能力や経験や知識次第」なのか、もしそうだとしたら、患者はそれをどうやって知ることができるのかという疑問でした。医者の世界には「学閥」というやっかいな「しきたり」があるようですし、また、医者の中には、明らかに上から目線で患者に接し、また、高額医療に走る医者や儲け主義の医者もおるようですし、わらにもすがる思いの患者の気持ちに寄り添うなど、遥か彼方の理想のように思えます。

医者は、もし自分の家族が癌に侵されたら、抗癌剤を自信を持って投与できるのでしょうか。副作用で苦しむ家族を、他の患者同様に扱うのでしょうか。また、抗癌剤の選択を誤ったかもしれない患者さんに対して申し訳なく思うほどの「謙虚さ」があるのでしょうか。とくに権威と称される先生方に。

患者は、医者しか頼るものがない、しかし、その医者が頼るに値するかどうか、分からない。まるで宝くじに自分の財政を託すように、自分の命を医者の能力にかけているのです。宝くじ同様、良い医者に当たるかどうか、運不運で決まるとしたら、特にそれが抗癌剤治療のような「一生の大問題」である場合には、何ともやるせない思いです。

医者による(つまり専門家による)、信頼に足る医者とそうでない医者の見分け方を患者は知りたいのではないかと思います。抗癌剤が「効くかもしれないし効かないかもしれない」のはよく分かりましたが、その判断をしている医者(医者の世界、医学会などなど)がどうも患者側には遠い存在に思えて仕方ありません。全部が全部、では無いでしょうが。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。