文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

第7回 読売医療サロン「終末期医療の現場から~欧米に寝たきり老人はいない~」

会員セミナー

終末期医療の現場から(3)質疑応答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 ――終末医療の判断は、患者が物を食べられなくなることが一つの分岐点なのかなと改めて思いました。だからこそ、高齢者が食べることが楽しみにできる努力をしなければならないとも感じました。ところで、海外のナーシングホームなどでも日本と同じように食事の介助は行われているのでしょうか? また入居者がどのようなものを食べているのかを教えてください。  宮本礼子 2年前にアメリカで5つの施設を回りましたが、その…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

会員セミナーの一覧を見る

第7回 読売医療サロン「終末期医療の現場から~欧米に寝たきり老人はいない~」

最新記事