文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

NEXTライフQ&A

ニュース・解説

油は体に悪い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 油と言えば、肥満や血液ドロドロといった負のイメージが強い。しかし、脂質は大切な「3大栄養素」の一つ。細胞を包む膜などの原料で、主要なエネルギー源にもなっている。麻布大学教授の守口徹さんは「良い油を適量取ることは、健康に役立つ」と話す。

 脂質は体内で脂肪酸に分解されて使われる。動物性脂肪に多い飽和脂肪酸は生活習慣病との関連が指摘され、適量を心がけるべきだ。植物性脂肪に多い不飽和脂肪酸は、リノール酸などオメガ6と呼ばれるタイプの過剰摂取が問題視されている。サラダ油や加工食品に含まれ、体内の炎症を強める。

 同じ不飽和脂肪酸でも、魚の脂に含まれるEPAやDHAなどのオメガ3は炎症を抑える。厚生労働省はオメガ6と3の摂取比率の目安を4対1としていたが、日本人の魚の摂取は年々減っており、オメガ3が不足しがち。守口さんは、加熱調理はリノール酸が少なくオメガ9が豊富なオリーブ油などを使い、オメガ3が多く熱に弱いえごま油などを毎日小さじ1杯程度、料理に加えることを勧める。「油の総量は増やさず、バランス良く、置き換えることが大切だ」と話す。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

NEXTライフQ&Aの一覧を見る

最新記事