文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

感染症

治療

多剤耐性の結核…新薬 服用管理が重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
画像の拡大  かつて「不治の病」とされた結核。新たに診断を受けた患者は昨年、統計をとり始めた1951年以降初めて2万人を下回った。ただ、死者は2000人を超え、複数の薬が効かない多剤耐性菌の問題も深刻だ。昨年、約40年ぶりに耐性菌に対応する新薬が登場した。  結核は、長さ1~4マイクロ・メートル(1マイクロは100万分の1)、幅0・3~0・6マイクロ・メートルの細長い形をした結核菌が元で発病する。…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「感染症」に関連する記事

検査・診断

治療

すべて表示

付き合い方

予防

研究・その他

シリーズ

すべて表示

病院の実力


院内感染 チームで防ぐ

 活動時間充実度の目安病気の治療自体はうまくいっても、手術時などの院内感染で容体が悪化したり、命を落としたりする場合がある。救えるはずの命を救えない悲しい結果になるのをできる限り防ぐため、院内感染対策の取り組みは重要…

病院の実力で「感染症」を見る

医療相談室で見る

「感染症」に関連する相談を見る