文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

茂木健一郎のILOVE脳

yomiDr.記事アーカイブ

旅は、まだまだ続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 旅は人生であり、人生は旅である。

 旅には、必ず、始めと終わりがある。人生という旅は、いつまでそれが続くのか、わからないわけですが、人生の中の旅は、とりあえずの終わりと始まりがあります。


 私は、この原稿を、マレーシアのジョホールバルの近郊のホテルで書いています。今から約2時間後、コンピューターやインターフェイスをテーマにする国際学会で、90分の基調講演をしなくてはなりません。

 用意したパワーポイントのファイルは、160枚。

 あと少しで、私の怒濤どとうの英語スピーチ(笑)、炸裂さくれつです!


 12月から読売プレミアムで新連載

 さて、今回、なぜこのように「旅」について考えているかというと、実は、みなさまにご報告しなければならないことがあるのです。

 これまで、112回にわたってご愛読いただきました「茂木健一郎のI Love  脳」でありますが、今回を持って、一つの区切りとさせていただくことになりました。

 ここまでお読みいただき、ありがとうございました!


 思い返せば、この2年余りの歳月の中で、なかなか体重が落ちずに、読者のみなさんをヤキモキさせたり、無事減量に成功する中、東京マラソンを完走したりなど、走馬灯のように、さまざまな思い出がよみがえってまいります。


 読者の皆さまと、2年間の、健康と脳をめぐる旅をしてきた、という思いがこみ上げてまいります。

 本当に、ありがとうござました。


 そして、12月からは、読売プレミアム(および読売新聞デジタル)で、「茂木健一郎の実践脳トレ塾」というタイトルで、新たに連載させていただくことになりました。

 一つの旅が終わり、新たな旅が始まります。

 もしよろしければ、次なる新たな旅も、お付き合いください!


 さてさて、今回のマレーシアの学会への出席のための旅ですが、主催者から送られてきたチケットが行きは台北、帰りは上海経由だったのです。

 最初は、「なんだか面倒だなあ」と思いました。

 直行便もあるのに、わざわざ経由して行くのは手間がかかる、と思ったのです。


 ところが、実際に旅して見ると、経由便ならではの出会い、発見がありました。


写真1
写真2

 台北の空港に降り立つと、飛行機の乗り換えの看板が見えてきました(写真1)。なんだか、日本ではあまり見ない漢字です。

 日本、中国、台湾は、同じ漢字圏とは言いながら、使う漢字が少しずつ違います。

 それが、個性のようで、つながりがあるようで、何とも言えない感覚を与えてくれます。


 経由(トランジット)とはいえ、空港内で使われるのは、当然のことながら、その国の通貨。

 台湾に最後に旅をしたのは数年前のことで、出発前、その時のお札の残りを何枚か、ポケットに忍ばせていました。

 さっそく、自動販売機を見つけて、コカコーラを購入(写真2)。

 このような時、現地通貨を使うことができると、まるで言葉が通じた時のような、ある種のよろこびがあります。

 特に、今回の私のように、数年前の旅行の時の名残のお札だったりすると、果たして今も使えるのだろうか、というちょっとしたスリルを感じたりするのです。


 現地のリアリティーを実感


 今度は、台北からシンガポールへ、再び機上の人に。

 私が乗った飛行機は、シンガポールを経由して、インドネシアのスラバヤまでの便。

 スラバヤは、インドネシア第二の都市で、古くから中華系の方々が住んでいたようです。

 台湾、シンガポール、そしてスラバヤをつなぐ、人の縁、ネットワーク。

 単純に、東京からシンガポールへ直行便で飛んでしまっては見えないアジアの現状が、感じられてきます。


写真3

 飛行機で見るフライトマップには、今国際的に何かと騒がしい海域が映しだされています(写真3)。


 日本でニュースを見ているだけでは、実感できない、現地のリアリティーのようなもの。

 旅をする歓びは、実に、ここにあるといえるでしょう。


 シンガポールのチャンギ空港は何度も通りましたが、そこから陸路マレーシアに入るのは、初めて。

 国境の橋では、シンガポール側で出国審査が、マレーシア側で入国審査が行われ、国境のものものしさがありましたが、一方で、バイクや自動車で通勤しているような人の群れも見られ、両岸の密接な結び付きを感じさせました。


 ホテルに着いたのは、22時過ぎ。

写真4
写真5

 疲れていましたが、とりあえずビールで乾杯(写真4)。

 部屋に戻る時に、自動販売機で、朝の食事用のカップラーメンを買いました。

 私は辛いものが好きなのですが、なんと、トムヤンクン味!


 そして、明けて今朝、カップを開けたら、凄い工夫がありました。

 何と、フォークが二つ折りになって入っていたのです(写真5)。

 実は、どうやって食べようと思案していて、部屋のスプーンを使おうか、などと思っていたのですが、これで解決。


 土地が変われば、思わぬ発見、出会いがある。

 二つ折りのフォークのような小さなところにも、それが感じられます。


 そんなこんなで、そろそろ、学会に行く準備をしなければならない時間になりました。

 この原稿を、ヨミドクターの編集部にお送りして、出かけなければなりません。 


 人生は、旅。旅は、人生。 

 旅は、まだまだ続きます。

 これまで、「茂木健一郎のI Love  脳」をお読みいただき、ありがとうございました。

 読売プレミアム(および読売新聞デジタル)で始まる新しい旅、「茂木健一郎の実践脳トレ塾」にも、どうぞ、お付き合いくださいますよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

茂木健一郎の I love 脳_profile写真

茂木 健一郎(もぎ けんいちろう)
脳科学者、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。1962年、東京生まれ。東大大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。クオリア(感覚の持つ質感)をキーワードに脳と心を研究。最先端の科学知識をテレビや講演活動でわかりやすく解説している。主な著書に「脳の中の人生」(中公新書ラクレ)、「脳とクオリア」(日経サイエンス社)、「脳内現象」(NHK出版)、「ひらめき脳」(新潮社)など。

茂木健一郎のILOVE脳の一覧を見る

最新記事