文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

子どもの発達障害(3)「遊び」に学ぶ 体の動き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
バランスボールの上で絵を描く「からだ遊び」を指導する笹田さん(神奈川県横須賀市の県立保健福祉大学で)=笹田さん提供、写真は一部修整しています  イスに座ってじっとしていられない。何度注意しても改まらない子どもはADHD(注意欠如・多動症)を疑われやすいが、実は、体のバランスや使い方に問題がある「発達性協調運動障害」が原因の場合が少なくない。 関東地方の小学2年の男児はイスに座っても落ち着かず、勉強…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事