文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

虹色百話~性的マイノリティーへの招待

コラム

第21話 25年前にゲイたちが選択したこと~性的マイノリティーとHIV/エイズ(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

HIVはゲイの病気だ

 東京都では、世界保健機関が「世界エイズデー」と定めた12月1日を中心に前後1か月をエイズ予防月間として、広く啓発に努めるほか、検査・相談を拡充して実施しています(11月16日〜12月15日)。この時期、他の自治体等でも同様の取り組みが行われています。

 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)はウイルスの名前、AIDS(後天性免疫不全症候群)はHIVに感染した結果、免疫力が低下し、指定された23の症状のどれかを発症した状態をいいます。

 HIVは血液、精液、ちつ分泌液、母乳などの体液に存在することから、感染経路は性行為感染、母子感染、針刺しなどを介した血液感染に限定されます。粘膜に対して血液や精液の暴露が多い肛門を使った性行為がポピュラーな男性同性間で、感染が顕著に広がりました(MTFトランスジェンダーのセックスワーカーも、大きな影響を受けてきた人々です)。

 2014年のHIV感染者の新規報告件数は1091件、AIDS発症での報告は455件。そのうち男性間での性的接触によると答えたのは、HIV感染では789件(72.3%)、AIDS発症では258件(56.7%)でした(以上、厚労省エイズ動向委員会まとめ)。判明直後の医師への回答なので、男性同性間は実際はもう少し多いと推測されています。性行動の活発な20代、30代にやはり報告数が多く、そしてその8割、9割近くが、じつに男性同性間による感染です。

 HIVはゲイの病気だ――いささかの苦渋をもって私はこう広言することをためらいません。

HIVがもたらした日本のゲイの社会化

 アメリカでHIVがはじめて登場したころ(1979年~)、それはゲイのあいだに流行はやる奇病として「ゲイキャンサー(ゲイのがん)」と呼ばれました。ウイルスの正体や感染経路が解明されたあとも、ゲイへの嫌悪を隠さないレーガン政権の意図的な不作為により、80年代に爆発的な感染拡大が起こり、70年代ゲイリベレーション(解放運動)の“成果”を享受していた性行動に活発な20、30代の世代がごっそりいなくなるほどの惨害をもたらし、現代の黒死病とまで呼ばれました。

 レーガンはアルツハイマー病の療養後、2004年6月に93歳で亡くなりますが、ちょうどサンフランシスコのプライドパレード(6月最終日曜)に訪れていた私は、新聞を見ながら現地のゲイが、レーガンもやっと死んだかと吐き捨てるように言ったのを記憶しています。

 

 日本では1985年、厚生省(当時)がすでに血液製剤による感染を把握していた血友病患者ではなく、アメリカ帰りのゲイ男性を第1号患者として発表しました。これにより、「エイズはホモの病気」といった印象操作がなされたと指摘されています。

 この発表は、エイズになると(HIVに感染すると)ゲイであることもみんなバラされて大変なことになる、という恐怖感を日本のゲイ男性に植え付けたでしょう。その後、国会では感染者の報告や他人に感染させた場合の刑事罰まで盛り込んだエイズ予防法が提案され、紆余うよ曲折のすえ89年1月に公布(平成元年法律第2号)。ゲイ男性のエイズへの恐怖感をいっそう固定し、外部に拒否的なゲイバーなどでは「エイズの話はお断り」と、啓発ポスターの掲示さえ拒否するところもありました(このころにはゲイの活動に参加していたので、私も当時の雰囲気を覚えています)。

 一方で、ゲイのなかには社会的に発言・行動していく動きもわずかながら現れてきました。日本の性的マイノリティーの運動は90年代のゲイブームを契機として始まると言われがちですが、80年代後半のエイズをめぐる状況、とくにエイズ予防法に見られる社会防衛的思想で自分たちが排撃される(まるで現在のヘイトスピーチの対象となるような)ことへの危機感が、ゲイの社会的意識や行動への刺激となったことは事実です。

 88年という時期に、エイズ予防法に反対して男女の(一般の)同性愛者が顔と名前を出して記者会見し、女性団体などさまざまな団体と連合して『朝日ジャーナル』誌に1ページの意見広告を出したことは、特筆に値するでしょう。90年代にはゲイ雑誌の編集者が支援団体を立ち上げ行政などと連携したり、一般のHIV支援団体へゲイがカミングアウトして参加したりする動きもありました。

エイズを引き受けることで、対策を期待

 当時のゲイたちの主張は、

(1)ウイルスは人やセクシュアリティーを選ばない。ゲイ即エイズの偏見に反対

(2)とはいえ、性行為の特性やコミュニティーの狭さからゲイ間でHIVが広がっているのは事実。ゲイへの十分な予防啓発を

 のあいだを行き来していたと思います。しかし、ゲイを社会的ケアが必要な人びとと見なす発想は、当時はまだ一般的ではありませんでした。

 「エイズはだれもが感染する可能性のある、みんなの病気です」。保健当局はそう呼びかけます。これはもちろん真理です。そして人権に配慮した言い方として、さまざまな領域でも踏襲されていきます。

 しかし、「みんなの病気」と言うことで、その中心的な感染グループであるゲイ男性の存在が見過ごされ、実効的な対策はとられず(もちろん予算措置もなく)、ただお題目を合唱してみんながなにかした気になる。90年代の前半は、そうやって時間が過ぎてゆきました。

 99年に一つの変化が生じました。前年に成立した感染症法(エイズ予防法などを吸収)にもとづき国のエイズ対策の指針となる「エイズ予防指針」が策定。そこに「個別施策層」という新しい考えが取り入れられ、青少年、外国人、性風俗産業の従事者及び利用者とともに、「性的指向の側面で配慮の必要な同性愛者」があげられることになりました。

 この背後には、ゲイ当事者らの熱心な働きかけがあったことが知られています。エイズといういまなお偏見の濃い病を自分たちの病として引き受けることと引き換えに、国・行政の同性愛者にたいする施策を期待する現実的な戦略が選択されたのです。

 国の文書に肯定的な施策の対象として同性愛者が明記されたのは、寡聞ではこれがはじめてだと思われます。人権(法務省)でも教育(文科省)でもなく、疾病(厚労省)領域であることも、興味深い点です。

 こうして男性同性愛者※への施策と予算措置の根拠が与えられましたが、実際はどうでしょうか。次回はそのへんを触れてみます。

◆ ◆ ◆

 ※現行のエイズ予防指針では、同性愛者にかえてより性行動に着目した用語、MSM(男性とセックスする男性、第9話参照)が採用されています。また、随所でNGOとの連携が強調されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

永易写真400

永易至文(ながやす・しぶん)

1966年、愛媛県生まれ。東京大学文学部(中国文学科)卒。人文・教育書系の出版社を経て2001年からフリーランス。ゲイコミュニティーの活動に参加する一方、ライターとしてゲイの老後やHIV陽性者の問題をテーマとする。2013年、行政書士の資格を取得、性的マイノリティサポートに強い東中野さくら行政書士事務所を開設。同年、特定非営利活動法人パープル・ハンズ設立、事務局長就任。著書に『ふたりで安心して最後まで暮らすための本』『にじ色ライフプランニング入門』『同性パートナー生活読本』など。

虹色百話~性的マイノリティーへの招待の一覧を見る

1件 のコメント

問題はセックスをタブー視すること

カイカタ

男性同性間に限らずセックスについて語るのをタブー視する保守的な見方がエイズに対しての不作為や偏見を生んだのだと思います。日本においてはキリスト教...

男性同性間に限らずセックスについて語るのをタブー視する保守的な見方がエイズに対しての不作為や偏見を生んだのだと思います。

日本においてはキリスト教のせいだという説があります。ペリーが来る前は混浴が当たり前だったのですから。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事