文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

高速道で事故発見…通りがかった医師、初期治療で救助

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
感謝状を受け取る岩崎医師(左、高知市の高知赤十字病院で)

 偶然通りがかった高速道路上での交通事故で、負傷者の救助に尽力したとして、高知赤十字病院(高知市新本町)の内科医、岩崎優医師(32)に18日、徳島県美馬市消防本部から感謝状が贈られた。

 岩崎医師は、今年10月4日、友人の結婚式に出席するため、高速バスで高知市から神戸市に向かう途中、徳島自動車道でバイクの単独事故を発見。血まみれで倒れている男性の姿を見て、「命が危ない」と無我夢中でバスから降り、男性の所に向かった。

 男性は大量出血で意識が全くない状態。岩崎医師は周囲の人に通報を頼んだ後、男性の服を裂いて止血。到着した救急車にも乗り込み、点滴と男性の容体を見守りながら、ドクターヘリとの中継地点まで付き添った。幸いにも男性は途中で意識が戻ったが、搬送先の病院の医師は「初期治療がなければ亡くなっていた」と話したという。

 高知赤十字病院で行われた授与式では、同本部の岡本博久消防長が「あなたの勇敢な行動は他の模範となります。ありがとうございました」と感謝状を手渡した。岩崎医師は「医師として当たり前のことをしただけ。もっといい処置をできたのではと思うけれど、命が助かって良かった」と笑顔を見せた。

 病院で常に急患と接していることから初期対応の重要性を実感し、マスクと手袋を常に持ち歩くようにしているという岩崎医師。「周りの人が大変協力してくれ、カッターやタオルを提供するなどしてくれた。救急車を呼ぶ、心臓マッサージをするなど、自分にできることで命が助かる。現場に遭遇したときは、勇気を出して取り組んでほしい」と呼びかけていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事