文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

性とパートナーシップ

妊娠・育児・性の悩み

「夫婦の悩み」泌尿器科医に聞く(上)男性はデリケート、強く求めると逆効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
順天堂大浦安病院泌尿器科准教授の白井雅人さん

 さて、産婦人科医の宋美玄先生に続く専門家シリーズ第2弾は、順天堂大浦安病院泌尿器科准教授の白井雅人さん(47)です。白井さんは、性機能障害がご専門の泌尿器科医で、院内の泌尿器科の医師たちに、「セックスに関する悩みは、すべて私のところに回して下さい!」と声をかけ、この分野の診療を一手に引き受けている自称「エロドクター」。ED(勃起障害)の解決法から、夫婦の歩み寄り、セックスレス予防法まで幅広く聞きました。


 ――まず、先生のところに来る患者さんは、どんな性の悩みを訴える人が多いのですか?

 「やはりEDが多いですね。EDとは、性行為を行うのに十分な勃起ができない、または持続できない状態です。日本のED人口は約1130万人と推定されており、高齢化でこれからどんどん増えていくと予想されています。また、患者さんの訴えでは、射精障害も多いですね。射精障害は、女性のちつの中では射精できないというものから、射精が早すぎる、遅すぎるまでいろいろあります」

 ――まず、EDは、何が原因であることが多いのですか?

 「年齢的にも高めの方が多いので、高齢ということが多い原因の一つですね。年齢はEDのリスク要因です。後は糖尿病や高血圧などです。勃起は、性的刺激があると、脳から信号が送られ、ペニスの海綿体に血液が流れ込むことで起こります。糖尿病や高血圧が進んで動脈硬化になると、血管が拡大しないので、十分血液が流れ込まなくなりEDになります。ほかには、若い人で何か心の傷を抱えている場合もあります」

 ――どのように対処を?

 「性的なことに関するご相談については、何歳で初めて性交をしたのか、何歳の時に初めてマスターベーションをしたのか、どういう方法でやっていたかなど、その人の性的な関係についての歴史、性歴をある程度詳しくお聞きします。そうして、原因を突き止めていきます。宋先生のインタビューでも触れられていましたが、不妊治療のプレッシャーが、EDを引き起こすこともあります。性機能が正常な人でも、精液の検査後に、11%がEDや射精障害を起こすというデータがあるんです。不妊症や不妊治療自体が、男性にとってはプレッシャーになり、EDの原因になり得るということです。私の患者さんでも、排卵日だけきれいに勃起障害が起きる患者さんがいるんですね。朝、奥さんが強精剤みたいなものを用意していて『今日はよろしくね』と無言のプレッシャーをかけられると、『今日か……』となってしまう。その日以外はうまくいくそうなんですよね」

 ――不妊治療では「男の沽券こけん」が邪魔して、男性は検査を拒むという指摘もありましたが。

 「私自身は不妊を専門として診ていないので少しピントがずれるかもしれませんが、男性は、そもそも自分のせいじゃないと思っている人が多いんじゃないかと思います。不妊の半分は男性が原因というデータがありますが、そう思っている男性は少ない。単に知識不足で、妊娠・出産は女性の問題という思い込みがあるという気がしています」

 ――よく、セックスレスの話題になると、「男はデリケートなんだよ」「男は弱いんだよ」と男性側が女性に配慮を求めることがあります。実際、医学的に見てもそうなのですか?

 「私の立場から言わせていただくと、男性はデリケートで弱いものだと思います。たいがい、災害が起こっても、生き残るのは女性ですものね。男は、やはりストレスに弱いと言いますか……」

 ――精神的なプレッシャーはEDにどのように影響するのでしょうか?

 「簡単に言いますと、自律神経のうち、交感神経が優位に働くか、副交感神経が優位に働くかということなんです。プレッシャーがかかると、交感神経が優位に働くのですね。副交感神経はリラックスしている時に働く神経です。そして、勃起は、基本的にリラックスして、副交感神経がよく働いている時に起きるんです。交感神経というのはけんかする時の神経ですから、けんかしながら勃起する人はいないということですね」

 ――ということは、不妊症にかかわらずですが、女性の方が、男性に「どうにかしてよ!セックスレス」と強く求めると、逆効果なのですか?

 「可能性はありますね。プレッシャーがかかって勃起に不安が起こり、あえて避けるということになりかねません。不妊症でセックスできなくなっている場合は、とにかくまず、スキンシップをしてくださいと指導します。そして、セックスレスのカウンセリングがご専門の精神科医の阿部輝夫先生が開発した『ノンエレクト法』という手法なのですが、膣内挿入をあえて禁止します。勃起も禁止。勃起しなくちゃ、挿入しなくちゃと思うと、プレッシャーがかかるので、とにかくどっちもしないでくださいと指示します。マスターベーションができる人でしたら、精子は回収できますので、排卵日に注射器を買ってきて、それで膣内に注入したらどうですかと伝えます。勃起と妊娠を切り離して考えさせます」

 ――ノンエレクト法は、具体的にどう進めるのですか?

 「基本的には、前戯をずっと続けるような形ですが、勃起はしないで、柔らかい状態のペニスを女性の膣に当てて、柔らかさや温かさを味わって下さい、感覚に集中してくださいと指導します。勃起をすると、感覚は弱くなってしまうんですね。それができるようになると、自然に勃起したりするのですが、勃起しないでくださいと禁止を続けます。挿入したくなったらしないでくださいと禁止です。それで、してはいけないことをしたくなるという人間の習性を利用して、最終的にはその禁止を破ったら終了となります。勃起しないでください! 挿入しないでください! 挿入しちゃだめだって言っているじゃないですか! あ!……。おめでとうございます!みたいな(笑)。それで治療終了ですね。これが阿部先生のノンエレクト法です」

 「あとは蛇足ですが、パートナーに対しては、高めておいてほったらかしになってはいけないので、例えば指や口を使って、別に満足感を与えて下さいと指導はするわけですね。そうしないと女性も協力しなくなってしまいますね。できるだけ奥さんとのスキンシップをはかり、年がら年中ベタベタしてください、ということはお願いします」

 ――薬を使う場合もありますね。

 「EDには、基本的にはバイアグラ、レビトラ、シアリスというPDE5阻害薬というものを使います。狭心症などの持病があってニトログリセリンを飲んでいる人は使えませんが、それ以外の人は使うことが多いです。最近は、この薬を使うのが怖いという人は減っていて、むしろ最初から処方してほしいと言って受診する人もいます。怖いお薬ではなく、どれも基本的にはいい薬ですので、3種類の特徴をそれぞれ話して選んでもらうようにしています。高いお薬ですが、3つとも飲んでいいということでしたら、すべて飲んで効果を試して選んでいただくようにしています」

 ――3つの特徴を。

 「バイアグラは一番古いお薬で、ネームバリューもありますね。ただ、残念ながら日本では100ミリグラムという一番多い量が使えないので、50ミリグラムまでになります。あとは食事の影響がありますので、空腹時に飲んでもらうのが原則です。効果は4時間程度で、効くまでに1時間ぐらいかかります。レビトラという薬が1番即効性があって、30分ぐらいで効き始めます。食事の影響はないと当初言われていたのですが、やはり油っぽいものは避けた方が良いと言われています。5、10、20ミリグラムが使え、状況によって増量ができます。効果はやはり4時間ぐらい。シアリスは36時間効果があり、食事の影響もありません。やはり時間を気にしなくていいというのが最大のメリットですね。今晩セックスしたいと思ったら、朝飲んでおいてもいいし、土曜に飲んでおけば、週末はほぼずっとカバーしてくれる。ただ一番高くて1500~2000円強ぐらいです。バイアグラは1200~1500円ぐらい。レビトラはその中間ぐらいだと思います。どの薬も保険がききません」

 ――男性ホルモンはどうでしょう?

 「男性ホルモンが下がっている人は、男性ホルモンのテストステロンを併用しますね。男性の性腺機能不全症ということで保険が適用されますので、男性ホルモンが下がっている人は2~4週間に1回、注射で補充します。ただ、前立腺がんがあると進行させてしまいますので、使えません。PSA値を測定しながら、判断します。薬で勃起障害の8割ぐらいは解決しますね」

 ――あとの2割は?

 「ここから先は希望しない人が多いのです。第2選択肢としては、陰圧式勃起補助具があります。ペニスにかぶせて、真空状態にして人工的に血液を流し込んで勃起させ、根元を縛る。ただ、長時間そのままにすると壊死えしする可能性もあるので30分でやめてくださいと伝えます。同じく第2選択肢として、勃起にかかわるプロスタグランジンという物質をペニスに注射ですね。そうすると、性欲とは関係なく勃起が起こります。これらも保険外です。第3選択肢としては、プロステーシスというシリコンの棒をペニスに植え込みます」

 ――こうした方法は、パートナーも本人もセックスレス解消のためにお互い協力するという関係で使える治療ですね。どちらかが「セックスはいや」という場合はどうされるんですか?

 「それは、カウンセリングになりますが、正直なところ、なかなか難しいですね。2人で来てくれればいいのですが、どちらかしか来ない場合は多いですよね。まず、女性がしたくないという場合は、無理強いはしないでくださいと伝えます。後は、奥さんが何をいやがっているのか、よくコミュニケーションを取ってくださいと言いますね。今までさんざんほったらかしにして、今さらセックスどころじゃないわよと言っているという話はよく聞きます。じゃあ、奥さんはどうしてほしいのか、そこで聞いてくださいと指導します。しかし、今私がこう話しているのを聞いたら、うちの奥さんはどう言うか(苦笑)。『己はどうなんだ。偉そうに言って、自分はできているのか』と怒られてしまいそうですね……。ただ、女性側にもコミュニケーションを取ってほしいとお願いしていまして、例えば痛いのがいやなのであれば、潤滑ゼリーを使うことで解決する場合もありますし、表面だけ触るのは良いならばそこから始めることもできます。できることから始めて、無理強いはしないということが大事ですね」

 ――それでも「いやよ」と言われたら。

 「その場合は、仕方ないので、できるだけ自分で勃起と射精だけはしてくださいと伝えます。自分の長寿と健康のためにです。週2回以上射精していると、長生きというデータがあるんですよ。イギリスのウェールズ地方で行われた研究で、週2回以上射精をした人の方が明らかに長生きだという報告があります。多ければ多いほどいいんですね」

 ――その理由は?

 「メカニズムははっきりしていないのですが、推測では、心血管系か神経系にいい影響を与えているのではないかと思うんですよね。神経や筋肉などにいい改善がありそうで、適切な運動をしているのに近いのではないかと」

 ――男性側の拒否で、男性が先生のところを受診することはないでしょうね。

 「ほぼないですね。妻が来る場合はまれにあります。主人がセックスしてくれない。困っているとおっしゃって。最初は夫婦で来ていて、途中でご主人がドロップアウトして1人で通うというケースが多いですね。これは本当に解決が難しくて、私が診療する意義としては、話を伺って、少しでも心の負担を減らしてあげるということだけですね。よく、涙ながらに話されるんです。どれだけお願いしてもしてくれない。けれども、そんなことは友達にも話せないし、親兄弟にも話せないから、先生だけしか聞いてくれる人がいないと。話すことで、心のわだかまりって、少しでも溶けるようなんですね」

 ――それが夫婦関係にもいい影響を与えるのですか?

 「それはわからないですね。自分のところでは今のところ、何かを解決してあげるというよりは、その人の心を軽くするというだけです。本当はそこで何かうまくいってくれればいいのですが、正直なところ、こういう場合、ご主人は「したくない」の一点張りです」

 ――猛烈サラリーマンで、仕事で疲れてできなくなっちゃうというパターンは?

 「仕事のプレッシャーが常にあって、交感神経が強く働いてということはあり得るとは思うのですが、一方で、俗に『疲れマラ』というのもあるんですよ。疲れている時ほど勃起してしまうという。疲れで余計な緊張が取れちゃってそうなるんですね。だから、『仕事で疲れている』というのが何らかの言い訳になっている可能性もありますね。完璧主義者で、セックスも完璧でなければならない、途中で萎えちゃいけないし、奥さんをイカせてあげないといけない、うまくやらないといけないし、嫌われたらいけないと。でもそれは人間ですから難しいと思うのですね。そうすると、自信がないから避けてしまう。失敗するのを恐れて。真面目で、勉強ばかりしてきたエリートで多いと思います」

(続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

性とパートナーシップの一覧を見る

16件 のコメント

「男はデリケート」について

みみ

男は女よりデリケートだから、というのは違うな、と、私も感じていました。女はやりたいと言っていけない、はしたないから、男性が誘ってくれるのを待って...

男は女よりデリケートだから、というのは違うな、と、私も感じていました。

女はやりたいと言っていけない、はしたないから、男性が誘ってくれるのを待っていなくてはいけない、というのは古いです。

女性も、嫌なら嫌、やりたいならやりたい、と言えた方が、お互い分かりやすいです。

ただ、「やりたい」というのは、よく「求める」と表現しますけど、自分の性欲の捌け口だけに相手を求めてはいけない、自分の意思だけの押し付けになってはいけない。これは、「男はデリケートだから」いけないのではなくで、人間共通のことです。「強く求めてはいけない」というのは、相手の意思も大切にしましょう、ということで、「やりたい」と言う意思表示はいけない、と言うことではないと思います。「私はやりたいのだけど、あなたはどう?」と聞けるのが健全であり、「嫌」という返事もOKなのが健全であり、そこですりあわせが出来るのが健全なパートナーだと思います。

女性が「アナルセックス、前の彼女はやってくれたよ」とかプレッシャー掛けられるのが嫌なように、男性も「あんたはそれでも男なの?」とプレッシャーかけられるのは嫌でしょう。

そして、女性の方は、最悪、我慢さえすればどうにかなる。濡れなくて痛かったり、トラウマになったり、体と心を壊したりしますけど。男性の方は、勃起しなかったらセックスにならないのですから、実に見える形で分かる。

そこの違いを、「男性はデリケートだから」だけで説明するのは、女性が嫌なセックスも我慢しなければ生きていけなかった背景や、トラウマも隠して生きなければいけなかった背景から、必然的に「強く」生きていた、というのを見逃している、と思います。

「男はデリケート」というのは、男といっても、いつでもどこでも誰とでもセックスだけやりたい動物ではないのだ、ということだ、と考えます。

つづきを読む

違反報告

繊細な男性、私は素敵だと思います。

ネトゲ未亡人

繊細であるという事は、自分だけでなく相手の心の痛みにも敏感と言う事ですから。勿論、そういう人ならこちらも優しくします。「甘えるな!」と思うのは平...

繊細であるという事は、自分だけでなく相手の心の痛みにも敏感と言う事ですから。
勿論、そういう人ならこちらも優しくします。
「甘えるな!」と思うのは平気で相手を傷つける「自称 繊細な男」です。

男性側拒否のセックスレスで悩む女性のブログや悩み相談を読むとよく出てくるのですが、EDであることを妻に隠して妻を責めることで男の沽券を守る男性もいるんです。
標準よりも痩せているのに、夫から「デブ」と言われ続けて30キロ台まで体重を落としてしまった女性の話も読みました。
こういうのは繊細とは言いません。
ただ気が小さい、器が小さいだけです。
繊細さと弱さは別物です。
本当に繊細な人は拒否する時も相手を慮るので、拒否される側はSEXレスに悩んだりはしないでしょう。

つづきを読む

違反報告

まゆころん さんへ

関東在住

あなた、優しい人だね。理解したいと、思っていると、言ってくれる人なんて、滅多にいない。だいたい、怒られるんだ。みんなデリケートだって。それじゃ、...

あなた、優しい人だね。
理解したいと、思っていると、言ってくれる人なんて、滅多にいない。
だいたい、怒られるんだ。
みんなデリケートだって。それじゃ、男は黙ってしまうよね。

むっとして黙った男に、もう一回しゃべってもらうって、
男同士でも、会社の仲間でも、難儀なんだ。

あなたのほうが、デリケートだよね。彼のほうが、冷たいね。

彼、本当に、あなたにふさわしい人なの?
よく考えてみてよ。あなたの人生だからさ。

疲れはてて、っていうの、気になったんだ。僕、心配性でね。

きっとあなたの彼は、違うと思う。

でも、世の中にはひどい事いう男もいてさ。
持久戦に持ち込んで、向こうから言い出させて、
有利に別れろ、とか指南するヤツいるんだ。

彼をよく見てね。力を落とさないで、ご自分を大事にしてください。
元気でね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事