文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

性とパートナーシップ

妊娠・育児・性の悩み

夫婦生活拒否され「心折れた」男性、子猫に救われる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 拒否する側の体験談はいかがでしたでしょうか?

 出産をきっかけにセックスレスになるというカップルはとても多いですが、心と体が離れていく過程をじっくりと伺えて、私はとても勉強になりました。このお二人、今も修復に向けた努力を続けているところで、まだ完全に仲良く元通りというわけではないようですが、歩み寄ろうという気持ちは互いにあるようです。取材を終えた後で、紹介してもらったかわいいお子さん2人のためにも、うまく行くことを祈っています。

◆◆◆

 さて次は、専門家インタビューに戻ろうと思っていたのですが、連載最初に体験談(セックス求める夫、一切拒む妻の一言に心折れる)を語ってくださった中部地方の男性の後日談を取材しましたので、そちらをまず紹介します。

(本文と写真は関係ありません)

 出産を機に妻から20年以上拒まれ、うつになって休職中のこの男性から、「猫飼いました」というタイトルのメールが送られてきたのは、10月初めのことでした。なんと、猫を飼うことを決めたのは、ブログに書き込まれた読者の方のコメントがきっかけでした。

 おそらく、6月20日に「すみれ」さんが書き込まれたコメントではないかと思うのですが、「どうしても肉感が欲しいというのであれば、猫など抱っこできるペットはいかがでしょうか。今はペットの世話をする余裕もないかもしれませんが、いずれ」と、アドバイスされていました。

 正直、私(岩永)はこれを最初に読んだ当時、「ペットと人間じゃいくらなんでも違うのではないかなあ」と軽く読み流しておりまして、男性も最初は「そんなもんじゃないよなあ」と思っていたそうです。

 ところで、男性は、記事掲載後、事態を打開したいと妻に再び「もうセックスレスでもいいので理由だけでも教えて下さい」「私は威張り散らしていましたか?」「いろいろ至らないことが多くて愛想を尽かしたのですか?」と尋ねたところ、「全然威張ってなんかいませんよ」「至らないのはお互い様ですから理由では無いです」「諸々が重なった結果であり、これというひとつの原因があったからではないと思います。また、単純に私が出産するとダメになるタイプだったのではないかと思います。こればかりは自分も知らない自分だったので、結婚前には言えなくて申し訳ないです」と返ってきました。

 また、長男が学校をやめたり、二男が親の財布からお金を抜いたりした時期だったため、「子供のことで精神的にいっぱいいっぱいなので、この話はこれで終わりにしてほしい」と言われました。理由さえ聞けば、新しい一歩を踏み出せるかもしれないと期待していた男性は、「もう一生このモヤモヤを抱えたままなのかもしれない」と落ちこみました。しかし、妻が負担に感じている話題をいつまでも追及するのは申し訳ないという思いもあり、あきらめました。

 そこで再び、思い出したのは、「ペットはいかがですか」と提案されたあのコメントでした。「このまま延々と時間がたっていくのに耐えられない。ちょっとでもいいから変化が欲しい」とすがるような思いになり、まず、インターネットの通販サイトで、なでると鳴き声をたてる猫のぬいぐるみを買ってみました。老人ホームで高齢者の癒やしに使われているもののようでした。

 届いたぬいぐるみをなでると確かに、「ニャー」と鳴いてはくれますが、何か物足りません。食堂に持っていき、家族に見せながらなでると、意外といやな顔はされず、「またお父さんは変わったことを始めたね」と、笑いも起きるやわらかな反応でした。

 その空気に、思い切ってもう一歩踏み出せたのかもしれません。男性はその場で、「そろそろ、生き物を飼ってもいいよね」と家族に呼びかけてしまいました。

 過去に猫を飼いたいと言っていたのは、むしろ、ペットショップでアルバイトもしていたことのある妻や、子供たちのほうでした。その頃、猛烈サラリーマンとして働いていた男性は、「猫を飼いたい」と言われても、「動物は先に死んでしまうし、かわいそうだから飼ってはだめだよ」と深く検討することもなく、認めてきませんでした。そんな男性が急にぬいぐるみをかわいがりだし、猫を飼おうと自分から持ちかけてきたのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

性とパートナーシップの一覧を見る

9件 のコメント

この男性の気持ちがわかります

ef

私は夫から拒否された側の妻ですが・・・ 犬や猫の存在がなかったら 夫と和やかに会話することは無理だったかもしれません。 優しく可愛い甘えん坊の猫...

私は夫から拒否された側の妻ですが・・・
犬や猫の存在がなかったら
夫と和やかに会話することは無理だったかもしれません。
優しく可愛い甘えん坊の猫に救われる毎日です。

つづきを読む

違反報告

私なら離婚

人生のベテラン

離婚してもいいと思います。旦那の風俗通いを許しますか?そんな事ないでしょう。 このような旦那さんは珍しいと思います。 最低でも別居かな。

離婚してもいいと思います。旦那の風俗通いを許しますか?そんな事ないでしょう。
このような旦那さんは珍しいと思います。
最低でも別居かな。

違反報告

凄いですね…

ミカエル

私はとても驚いています。男性の気持ちを知ったのは初めてです。私が男性から聞いた事は、奥様を女性として見れない、もう家族だから出来ない、その気にな...

私はとても驚いています。男性の気持ちを知ったのは初めてです。私が男性から聞いた事は、奥様を女性として見れない、もう家族だから出来ない、その気にならない、という話ばかりでした。若い愛人を作る男性、隙あらば浮気ばかりしている男性ばかりでしたよ。むしろレスで悩み苦しんでいる女性達が多かったですよ。ビックリです。私には、奥様がどうしてレスになってしまうのか分かりません。中部地方の男性に共感します。あなたのこの気持ちが奥様に伝わっていないのでしょうか?とっても不思議です。愛情が溢れているのに何故なのか。不思議で仕方ないです。夫婦って本当に分かりにくいのですねーなんだか切なくなりました。私はSEX依存症なので、相手に負担が掛かると困るので男性と接触していません。接触して病気を移してもいけないので関わらないようにしています。あーなんだかとても切ないです。お二人に希望の光を。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事