文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

茂木健一郎のILOVE脳

yomiDr.記事アーカイブ

リバウンドした体でフルマラソン完走は可能か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 さてさて、このコラムの以前からの読者の中には、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。


 最近、体重の数値が書いてないぞ。

 確か去年の今頃は、体重をどうやって減らすかとか、グラフがたくさん出ていたのに、最近出ていない。


 アヤシイ……


 そうです。ご名答、アヤシイのであります(笑)


 というのも、83kgから73kgまで、10kgの減量に成功し、東京マラソンも完走することができたこの不肖、「元デブ」こと、茂木健一郎でありますが、油断している間に、恐ろしい事態が進行していたわけであります。


 それは、つまり、「リバウンド」。


 食事制限もせず、腕立て、腹筋の筋トレもさぼっていた結果、体重はあれれという間に増えて、実はちょっと情けないことになっているわけであります。

 (毎日数値は記録しているのですが、こわくてグラフにしていません(笑)。そのうち、勇気が出たら、グラフにしてみなさんに公開します)。

 つまり、「元デブ」が、「またデブ」になりつつあるわけですね。


 ある秋晴れの日、私は考えました。

 来年2月28日の東京マラソンに、私はエントリーしている。しかし、このままでは、走れないんじゃないか。完走できないんじゃないか。

 確かに、走ることは走っている。シカゴでも走ったし、久留米でも走った。しかし、今のように、リバウンドしたままスタートラインに立って、舛添要一東京都知事の号砲でうわーと走っていったとしても、このままでは、体重の負担に足が耐えかねて、途中棄権の憂き目にあうのではないか。

 自業自得とは言え、それでは、あまりにも悲しい結末ではないのか。そんなことでいいのか!


 とくと考えた私は、「ようし!」と思いました。

 走っちまえ!

 突然だが、今日、これから、フルマラソン走っちまえ!

 You、フルマラソン、走っちまえよ!


 「実験で」走り始める


 そうかあ、走っちまうかあ。


写真1
写真2

 幸い、午前中から午後早くの予定が空いていたので、私は、おっちらおっちら走り始めました。

 走りながら、自分に言い聞かせました。


 これは、今の体重でどれくらい走れるかの、実験だからね。

 実験だから、いつ止めてもいいんだからね。


 よく晴れた日で、気温が20度を上回るだろうという予想。

 汗をかくので、途中の公園で給水します。水飲み場にも、秋の気配が(写真1)。


 今までの経験から、飛ばし過ぎると、足にきて、絶対に完走できません。 

 なので、ゆっくりゆっくり。あわてない、あわてない。

 そんなこんなで、いつの間にか、ハーフマラソン(21.0975キロ)の距離を走っていました(写真2)。

 タイムは2時間7分1秒。

 まあ、順調です。


 問題は、ここからでありました。


 とりあえず、早めの給水、栄養補給を心がけるかと、スポーツドリンクとバナナをコンビニで買います(写真3)。


 とりあえず、芝生の上で「小さな昼食」を済ませようと座ると、案外、自分が疲れていることに気づきました(写真4)。

 があん。

 オレ、案外疲れているじゃん!


写真3
 
写真4

 こういう時には、脳に、「これは効くんだ!」と言い聞かせる、プラシーボ効果が大切。


写真5
 
写真6

 バナナの「説明書」を、丹念に読みます(写真5)。


 そうか、これは、高原で栽培しているから、昼夜の寒暖差によって、甘いのか!

 表皮に、茶色い斑点(シュガースポット)が出てきた時が、食べ頃なのか!


 うーん、何だか、効くような気がしてきた(笑)。


 ウキーッ! バナナを食べて、気合を入れます(写真6)。


 後半は地獄…

 さあ、気を取り直して、後半、出発!


 いやあ、この後が、地獄でした(笑)。


 30キロの手前で、足が、次第に痛くなってきます。

 やはり、リバウンドのオーバーウェートが、じわりじわりと足に負担をかけていたのか。

写真7

 よく晴れた日で、空気は気持ちよく、モンシロチョウなども飛んでいたりするのですが(写真7)、そのようなのんびりとした雰囲気とは程遠い、わが足の惨状。


 いや、これは、もうムリだ、と、リタイアの誘惑が何度もやってきました。

 なにしろ、これは、自主的な「無茶振りマラソン」。

 誰も見ているわけではないし、歩いても、別に問題はない。

 それでも、何かが、私の背中を押します。


 いや、ここで立ち止まってはダメだ! 走るんだ、走るんだケン!


 35キロあたりで、最後の給水。

写真8
写真9

 なんとなしに効きそうな、オレンジジュース(写真8)。


 「果汁40%」と書いてある、そこに疲労回復への願いを込めて、ごくごくおいしくいただきました。


 そこからは、最後の激走。

 ときどきトボトボ歩いたりしながらも、なんとか、トコトコ走り、走り、走り、走って、ついに完走しましたよ。


 42.195キロ! タイムは、4時間38分1秒(実際の計測は、ちょっと過ぎて42.21キロになってしまいました)(写真9)。


 やれるんだ。リバウンドのデブでも、いきなりフルマラソン、走れるんだ!


 それは、それで、心強かったのですが、やはり、思いました。

 こんなに苦しいのは、イヤだ。

 やっぱり、体重減らそうっと。


 そうです、みなさん、このままじゃアカンと、理屈でなく、身体でわからないと、体重なんて落とせるものではありません。


 私は、身体で感じましたよ。リバウンドは、ヤバイって。 

 減らします、体重。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

茂木健一郎の I love 脳_profile写真

茂木 健一郎(もぎ けんいちろう)
脳科学者、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。1962年、東京生まれ。東大大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。クオリア(感覚の持つ質感)をキーワードに脳と心を研究。最先端の科学知識をテレビや講演活動でわかりやすく解説している。主な著書に「脳の中の人生」(中公新書ラクレ)、「脳とクオリア」(日経サイエンス社)、「脳内現象」(NHK出版)、「ひらめき脳」(新潮社)など。

茂木健一郎のILOVE脳の一覧を見る

最新記事