文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」

コラム

「習慣づくり」のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。

 予防医学研究者の石川です。

 すっかり涼しくなって、散歩が気持ちいい季節になりましたね。

 私は小さいころからランニングが苦手なのですが、歩くのは好きなのでとても気分よく歩いています。

 ただ、いくら歩くのが好きといっても、それを毎日続けて習慣にできるかどうかは別問題です。どうしても日々の忙しさにかまけて、ゆっくりと歩く時間を確保できない自分がいます。

 あれは今から数年前のことですが、駅の階段を上るのがしんどく感じるようになったことがありました。おそらく座りっぱなしの生活が続いていたので、足の筋肉が落ちていたのも理由なのでしょう。一念発起して、歩こうと決意をしたことがあります。

 まずトライしてみたのが、仕事を終えて家に帰るときは、1駅手前で降りて歩くというものです。大体30分くらいかけて家に帰ることになったのですが、当初は見知らぬ風景を眺める物珍しさもあってか、意気揚々と歩いていました。

 しかし数週間もすると、だんだん景色にも慣れてきて、「おなかすいたから、早く家に着かないかな・・・」ということを考え始めるようになりました。こうなるともう危険サインです。あっという間に、1駅手前で降りて歩く習慣は続かなくなりました。

 とはいえ、今後の健康を考えると、やはり歩くことは重要だと考え、違う方法で歩くことにしました。それは最寄り駅で降りるものの、遠回りして帰るという方法です。これだとおよそ15分くらいかけて家に帰ることになります。

 これも最初は「こんなところにこんなお店があったんだ!」という物珍しさもあって楽しく歩いていたのですが、だんだんと慣れてくると「お腹すいたから、早く家に着かないかな・・・」と考え始めるようになったのです。

 習慣というのは、無理をすると続きません。そこで「どうすればワクワクしながら歩き続けられるだろうか?」と改めて考えてみました。

 まず、仕事帰りに歩くのは、お腹がすいていることが多いためワクワクしにくいだろうと思いました。では反対に、朝仕事に行く前に歩くのはどうだろうか?と考え実践してみることにしました。

 さっそく朝、仕事場の1駅手前で降りて20分くらい歩いてみると、これが実によかったのです。夜と違ってアタマも疲れてないので、朝歩くといろいろなアイデアが次々に出てきて、ワクワクしながら歩けたのです。また、途中にあるカフェに立ち寄ってコーヒーを飲んだりと、楽しみをみつけながら歩くようにしています。そのおかげか、朝歩く習慣は、今のところ数年間は続いています。

 よく「はじめる理由」と「つづける理由」は違うといわれます。私の場合で言えば、始める理由は健康のため、つづけられているのはアイデアが沸いたり、コーヒーを飲めたりというのが理由になっているようです。

 もちろん、これからどうなるかはわかりませんが、けっして無理をせず、自分には何が適しているのかいろいろと試行錯誤することが習慣づくりのポイントなのかなと思っています。

 それではまた次回、よろしくお願いいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

予防医学研究者・石川善樹の『続けたくなる健康法』_顔120px

石川善樹(いしかわ よしき)

 予防医学研究者・医学博士。(株)Campus for H共同創業者。1981年 広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学にて博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と共同研究を行う。専門分野は予防医学、行動科学、機械創造学、マーケティング等。

 著書に「疲れない脳をつくる生活習慣」(プレジデント社)など。最新刊「ノーリバウンド・ダイエット」(なとみみわさんとの共著、法研)が2017年1月19日に発売。

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事