文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

デング熱、代々木公園で感染…タレントの紗綾さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

高熱、頭痛、全身に湿疹

 デング熱に予防ワクチンや特効薬はない。まれに発生する重症の「デング出血熱」は、適切な治療を受けないと死に至ることもある。

 厚生労働省によると、感染3~7日後に発熱で症状が始まる。頭痛や発疹が出たり、鼻血や吐血を伴う出血熱になる場合もある。昨年の国内感染拡大で、重症例はなかった。

 海外で感染して日本で発症する患者数は、2010年以降、200人を超える年が多くなり、今年も9月5日時点で190人に達する。昨年、東京の代々木公園で感染した患者の一人、タレントの紗綾さあやさん(21)に体験を聞いた。

 昨年8月21日、代々木公園でテレビ番組のロケをしていた際、手足を40か所くらい刺されました。

 1週間後、夜中に突然、40・3度の高熱と激しい頭痛に襲われ、全身から汗が出て止まりませんでした。フラフラになって行った病院で風邪と診断されましたが、症状が改善せず、4日後、別の病院で診てもらい、即入院することに。その後、血液検査でデング熱と確定。1週間、解熱剤を飲んでひたすら寝て過ごしました。

 入院中は、高熱と頭痛に加え、全身が真っ赤に腫れて湿疹が出ました。血小板などの数値を毎日測るのですが、医師から「数値が下がりすぎると色々な臓器から出血して『デング出血熱』になる」と言われた時は本当に怖かったです。

 退院後は、蚊を見るだけで恐怖を感じるようになりました。虫よけグッズを手放せず、公園に行く時は肌の露出も控えています。東京五輪に向けて今後、海外との人の行き来も増えるので、病気が広がらないか心配です。(聞き手 大野潤三)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事