文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

18件 のコメント

我が家もセックスレス

結婚して29年になる我が家もセックスレス夫婦です。
手と足の指で足りる程の回数で、ここ15年位は全くありません。
世間体、子供達への責任、それだけでここまで来ました。セックスレスは夫婦関係が寒々とし、何処かで何かが噛み合わなく、よそよそした夫婦の様な気がします。健全な男女の結婚生活の中では、いろいろな意味においてセックスはとても重要な役割をしている様に私には思えます。
この女性は良きパートナーに巡り合えて良かったですね。
辛かった10年分を取り戻して、幸せになって欲しいと思います。

違反報告

夫婦においてのセックスの必要性

ラモン

結婚して10年になりますが、未だ未完成婚です。一度もセックスはしたことがありません。
でも、夫婦仲は良い方だと思うし、愛されているとも思います。
ただ、ふとした時に、このままでいいのかなと感じることがあります。こちらのコラムのように、セックスレスで悩む夫婦が多いのを見ると、セックスってそれほど大切なものなのかと、それを知らない自分が不安になることもあります。知らなければそれで幸せなのかもしれないし、知らないままなのは何か大きな欠陥を抱えてしまっていることに気づいていないのかもしれない・・・。
たぶんこのまま暮らしていくことになるだろうとは思いますが、世の中と違う夫婦関係に、なにかしら不安を感じるこの頃です。

違反報告

「自分の無神経を疑わない感性って」様

岩永直子(ヨミドクター編集長)

「自分の無神経を疑わない感性って」様

 コメント承認基準についての詳細なご意見、誠にありがとうございました。コメント掲載に関する私の迷いや悩みをずばり指摘されたようで、姿勢を正して拝読しました。ほかの編集者とも相談しながら、考え考え掲載の可否を決めておりますが、すべてが適切な判断にはなっていないかと思います。ご意見はしっかり受け止めて今後に生かしたいと思います。
 ご自身もご指摘されているように、(1)(2)については、少し個人攻撃に当たると思いますので、掲載は見送りますが、私はしっかり拝読しており、励まされもしたということをお伝えしたいと思いました。もしよろしければ、左上にあります編集長アドレスにもご連絡ください。今後ともどうぞよろしくお願いします。

違反報告

コメント承認基準について(3)

自分の無神経を疑わない感性って

広く、公正な立場でコメントを掲載されているのは理解できますし、その判別も難しいとは思いますが、「それ以前」のコメントについては掲載に『及ばない』という判断もありなのではないかと思います。
差し出がましい意見とは承知しておりますが、コメントの掲載基準についてご一考いただければ幸いです。

長くなりましたが以上です。


非常にデリケートな問題であるだけに、丁寧に取材され、細やかにフォローされているのが端々から感じられます。(上から目線の書き方になってしまい恐縮ですが)
またコメントの盛況ぶりを拝見するにおいて、大なり小なり同じ問題に悩む方々が「吐き出すだけでも少しは楽になれる」という実感があるからこその盛況と思います。
そういった場を設けてくださったことについて、感謝と敬意を抱くとともに、自分とは違う事情を抱えた、でも同じように悩んでいる他人に対して、お互いがもっと優しくなれる社会になればいいな、と心から思います。
そして、私自身、理解はできなくても察して労わることのできる人間でありたいと思います。

違反報告

多くの人は、

mne

これがいいコラムだったのではないかという意見がありますが、多くの人の場合、こんなにもシンプルな解決ができないからこそ、深く深く悩むのだと思います。

私の夫も、アダルトコンテンツで用が足りてしまう人です。この方の前夫と同じく「話し合い=揉め事」と捉えるため、双方の意見をすり合わせるやり方では、結論が出せません。双方、子どもができることを前提に結婚して、あっという間に子どもが生まれ、それからレスが深刻になったので、事態は深刻です。

この方の場合、前夫が射精に至らないほどの徹底したセックスレスだったから、子供もできなかったし(それが彼女の辛さに拍車をかけていたとおもいますが)、前夫が話し合いに応じたといっても、2人だけで解決したのではなく、双方のご両親が介入してようやく、話し合いでの『解決』に至ったのだと思うのです。

私の場合、両親共に亡くなっていますから、そういうサポートは期待できません。

そして、ご両親が介入すれば、自ずと離婚も視野に入った具体的な話し合いになると思いますし、夫婦だけで話し合うよりも、子どもさんがいないこともあり、前向きに離婚がしやすいと思うのです。(親のサポートが受けやすいと考えます)

しかし、だからと言ってこの方のケースは楽でよかったねというわけではなく、ここに挙げた点において少々ラッキー(?)だっただけで、セックスレスに関する苦しさは確かに苦しさとしてそこにあったのですし、発達障害のあるパートナーとどうコミュニケーションとり夫婦としてやっていくか、というのはこのシリーズの課題として残っているのではなかな?と思います。

でも、でも、現在のパートナーの男性とうまくいっている、というのは、読後感がいいですね(笑)確かにホッとします。おしあわせに。

違反報告

人の心はなんてひ弱なのか

めざめたじいさん

 高校のクラスメイトの女性が、私に好意を持っていることが何となく分かりました。テニス部で夢中でラケットを振っている時、彼女の視線を感じていました。私は、別の女性に憧れていたのでそれとなく避けていました。
 冬休みのある日、雪が降る中を彼女が訪ねてきました。あまり邪険にも出来ず、近所の喫茶店で話すことにしました。話の内容は彼女の悩みでした。母親との仲が上手く行かない、女性の親友から冷たくされるようになった、授業にも興味を失った・・。なぜ私に話すのか、助けを求めていることは確かです。
 私に好意を持っていたのは間違いだったのかと思ったり、同乗をかって親しくなりたいと思っているのか迷いました。
 手紙が来たり、身の回りのものを届けてくれたりしました。悩みに対して励ましの手紙を書き、物については有り難いが、お金お無駄にしないでとやんわり断りました。
 卒業まで同じようなことが続きましたが、突然彼女から手紙が来ました。「東京郊外の精神科病棟でこれを認めています。とても逢いたいと思いますが、病院には来られますか」・・・。
 病院名もなく、手紙の出しようもありませんでした。その後音信不通となり、同窓会名簿は空欄になっています。
 人の心はなってひ弱いのでしょう。絶えず誰かに守られていないと不安になるのでしょうか。
 与謝野晶子に
「春みじかし 何に不滅の命ぞと ちからある乳を 手にさぐらせぬ」
という歌があります。
 与謝野晶子のような女性が生まれる背景はどこにあるのでしょう。

違反報告

夫婦

なかさん0423

夫の不倫発覚後再構築中の私です。私も今回のコラムにはセックレスだけではなくパートナーとの関係見直しから、一歩進んだ人生。離婚。再出発。良いと思います。羨ましいです。良かったなぁと救われた気持ちになりました。再構築中…今までとは違いとても長く息子抜きで夫婦で過ごす時間がダントツに増えた中…セックレスも含めて、私が結婚した彼はこういう人間なんだ、こういう風に夫として振る舞いたかったんだと愕然としてます。不倫相手の前では、本当の自分。私の前では良い夫を演じてた?再構築が上手く行ってる様に見えたり思えたりするのは、夫の思う方向に持って行ってる…今、私はそれに気がついて、背中が寒くなるおもいです。私の思いや考え関心など、夫には全くなく、自分の身さえ守れ世間体さえ守れたら良いから…自分が悪く思われたくないから…離婚しない、家族の元に帰ってきた。セックレスは夫婦の問題の氷山の一角。それぞれ隠れた、裏の背景が深くて、自分自身覗き込むのがこわいです。彼女のように自分を本当に理解して人生ともに生きてくれる人が現れた人は幸せです。私も人生やり直して幸せになりたいです。

違反報告

今までの中で一番いいコラムでした。

笑った青鬼

このコーナーを全部読んで来ましたが、今までの中で一番コラムでした。
セックスレスを夫婦でちゃんと話し合っていたこと。拒否する相手を悪者扱いしていないこと。結婚状態を維持したまま、新しいパートナーとセックスしていないこと。両親のセックスレスが子どもに悲しい結果をもたらしたことを、想像させないこと。
これが、読み手を幸せな気分にする、私の読みたかったコラムです。結婚っていいな、夫婦っていいなと思いました。

違反報告

記事へ戻る