文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

医療・健康・介護のコラム

ネットで炎上 妊娠しやすい年齢の知識、教えちゃだめ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
夏期保育のお弁当バッグを振り回しながら登園する娘

 先週末で妊娠25週に入りました。おなかが大きく目立ってきて、赤ちゃんが大きめじゃないのか心配されることもありますが(妊娠糖尿病だと羊水が多くなったり、赤ちゃんが大きくなりすぎたりすることが心配されるのです)、先週受けた超音波検査で大きさはちょうど平均で羊水量も正常でした。でも体重がまだ1.5キロしか増えておらず、お腹以外の部分が痩せてきて、体力も落ちてきた気がします。炭水化物をいっぺんにたくさんらないように気をつけ、他の栄養素で補っているつもりなのですが足りていないことも多かったり、それほど食に執着のない娘に食べさせるのに忙しくて自分の食事がおろそかになったりしているのだと思います。もっと食べなくては乗り切れません…。

妊娠しやすい年齢や不妊の知識、高校生向けの副教材に

 さて先週、文部科学省が少子化対策を担当する内閣府と連携して、妊娠のしやすさと年齢の関係や、不妊に関する内容を盛り込んだ高校生向け保健教育の副教材を初めて作製したというニュースがありました。

 個人差がかなり大きいですが、女性は20代前半をピークに徐々に妊娠しづらくなることや、不妊の原因は男性側にあることも多いということは医学の世界では常識でしたが、一般的に知られているとは言えない状況でした。昨今の社会的な事情から晩婚化、晩産化が進み、結果として高齢不妊が問題になっていることから、生物としての生殖能力は個人の人生だけでなく少子化という社会問題にもつながっています。

 私も加わらせていただいた内閣府の少子化対策の有識者検討会議では、「年齢とともに子供を授かりづらくなるなんて知らなかった。知っていれば早く産んだのに」という方が少なからずおられるということで、子供を授かりたいと願う人が1人でも多くかなえられるようにするためには、どのように生殖に関する情報を提供していけばよいかということが何度も議題に上がりました。学校教育の場でそれが教えられるようになることはとても望ましいことだと思います(一方、すでに社会人になっている世代に広く情報を提供することは難しくなりますので、こちらも課題です)。

「早く産めと言うのか!」インターネットで炎上

 ところが、このニュースがインターネットで配信されて大きな話題となり、その多くが批判的な意見であることに少なからず私は驚きました。文科省だけでなく少子化対策を担当する内閣府が連携したという点からか、「女性に早く産めと言っている」「20代前半が生殖能力のピークだと言われても、そんな時期に妊娠出産をする環境にない。このようなことを学校で教える前に早く産める環境を整備するのが先だ」というような意見がたくさん見られました。まず、実際の副読本を見ていただくと分かると思いますが、医学的な事実が書かれていて、別に「早く産みましょう」と早期の出産を促すようなことは書かれていません。また、現代社会の、雇用や収入が若いうちに安定しづらく結婚が遅れがちになることや、キャリア形成期と妊娠出産に医学的に適した時期が重なっている上に、産み育てながら働くのが職場環境的・保育のキャパシティ的に難しいこと、長時間勤務で夫が育児や家事に参加しづらいことといった晩婚化、晩産化の主な原因はもっともですが、それを整えるのは一朝一夕では難しいことだと思います。そちらを先に整備してから情報提供をするとなると、生殖能力について正しい情報を学校で教えてもらえる世代が後回しになってしまいます。情報提供と産める環境整備は同時進行すべきと思います。

選択や結果はともあれ 知識を持つことは大事

 今回のニュースの反応をみて、生殖に関する情報はとてもデリケートなものなのだと改めて感じました。男女ともに年齢とともに生殖能力が衰えることは(卵子や精子の老化だけでなく、性機能も衰えます)、多くの人にとって喜ばしいことではないと思います。しかし、事実は事実ですし、それを若いうちから知ってもらうことには特にデメリットはないと思います。もちろん、事実を知った上で若いうちには産まないという選択を個人がする自由は別に侵されていません。

 私は、少子化と生殖に関する情報提供の話題が出る度に、「生殖に関する情報を若いうちから持っておけば、計画的に人生をデザインできるはず」というような意見にいつも反発してきました。言うまでもなく妊娠にはパートナーと産める環境が必要です。個人の努力が可能な部分とそれが及ばない部分があり、知識があることと人生を思い通りに送れるということは違います。知識があるはずの女性医師が必ずしも若いうちに欲しい数の子供を産み終えられるかというと、むしろそうではないことを見ればお分かりかと思います。

 しかし、「女性が生殖能力に無知であったため(もしくは自分のやりたいことを優先したため)、産み時を逃した」「知っていれば計画的に産めたはず」と少子化問題の一端を「女性の無知」に帰結させる意見はいまだに後を絶ちません。生殖に関する情報を学生のうちに知ることは必須だと思いますが、だからといって少子化の根本的な解決になるはずがないと私個人は考えています。だから、今回のニュースに関しては、「生殖に関する情報を広く提供しても、早くライフパートナーをみつけて産める環境を整えないと産みたい人が諦めずにすむ社会にならない」ということが分かってもらえる日が近づいたと思っています。


参照 健康な生活を送るために(高校生用)=文部科学省HP
参照 ピークは22歳?「妊娠しやすい年齢」グラフに誤り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

46件 のコメント

コメントを書く

頭や心と、体のずれ

ミッドサーティー

人間てほんと複雑だなぁと思う。仕事や生活環境が勿論、子供を産み育てることを決断する為の最重要条件となるが、それ以外に精神的にも生殖能力とはズレが...

人間てほんと複雑だなぁと思う。仕事や生活環境が勿論、子供を産み育てることを決断する為の最重要条件となるが、それ以外に精神的にも生殖能力とはズレがあると感じる。30代も半ばになってやっと、セックスが楽しめるようになったと感じるし、自分の体は今が一番それに適していると実感している。それなのに、その結果(妊娠)が伴わない可能性が、10年前より断然低いなんて、自然の摂理は本当に不条理だなぁ。10年前なんて、やりたいことだらけで、セックスなんか興味なかった。する機会があっても、楽しくもないし、むしろ妊娠しないようにと緊張するばかり。勿論その頃でさえ年齢とともに妊娠力が減っているのは知っていたし、私自身の経験(公立小中高から私立大)から言えば、学校の教材にそこまで不備があったとは思わない。周囲ではできちゃった結婚した人もいたが、私にはそんな選択は考えられなかった。それくらい、興味のない時期だった。そんな時期に、仮に自分が一人の人間の親になっていたとしたら…。もしくは、私と同じように感じていた誰かが、望まず親となり、10年経った今どうしているのだろうか…。神様はどうして心と体のピークに大きなギャップを作ったのか。時代が豊かになったからという一言で片付けられるのだろうか。自分は今、やっと産み育てられそうな精神レベルになったと感じる。これから挑戦して、できるかどうかは試してみないとわからない。しかし、今の精神状態で子供が迎えられれば、この上ない幸せだと思うし、少なくとも10年前の自分よりは数倍良くなった親になれると、想像できる。

つづきを読む

違反報告

十五でねぇやは嫁に行く

さばん

医学的データなんかよくわかんないけど、15~25位で産むのが自然なんじゃないかな。一般的に認知されていなくても、個々人は感じ取っていて欲しい。 ...

医学的データなんかよくわかんないけど、15~25位で産むのが自然なんじゃないかな。一般的に認知されていなくても、個々人は感じ取っていて欲しい。
お利口さん達は人権がどうのと自由って言葉を履き違えてる。どこかで我慢は必要。ヘンな常識に捕らわれず良識を持っていればいい。周りの環境がよくないのは、間違いなく自分達が作り上げた社会です。修正に修正を加えでも、どこかでほころぶ。

つづきを読む

違反報告

間違い

知るべき知識

むしろ知るべき知識だと思います。 男女同権、雇用機会均等などが叫ばれる中に育った団塊Jr.世代としては、子どもを産むということよりも自己実現を優...

むしろ知るべき知識だと思います。
男女同権、雇用機会均等などが叫ばれる中に育った団塊Jr.世代としては、子どもを産むということよりも自己実現を優先し、子を持つということをいつでも出来ると軽く考えていたという反省があります。

本文の内容とは関係ないことですが、いいね!と間違ってトップの方の意見に違反報告を押してしまいました。トップの方へは大変失礼なことをしまして申し訳ありません。同意の間違いです。

編集の方には、違反報告の位置を、全ての文の最後に改行して付ける等、間違わないよう工夫していただきたいです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事