文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

【追悼】報道番組キャスター 黒木奈々さん

一病息災

[報道番組キャスター 黒木奈々さん]胃がん(3)会食中に激痛、救急搬送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 メインキャスターとして連日のように、ゲストとの対談や、幅広い分野のテーマを扱っていった。「やっとつかんだ仕事だから、きついと思ったことはありませんでした」

 平日午後10時からの生放送なので、昼に起き、局に午後3時頃入る。打ち合わせ、メイク、リハーサル、本番直前にあがってくる原稿の下読み、生放送、反省会などで、帰宅は午前0時頃。すぐには眠れず、就寝は午前4時ぐらいになる。

 食事は出勤前と、放送本番前の慌ただしい中での簡単なもので、2食だけ。こんな生活が、同じ時間帯の番組のサブキャスター時代から3年以上続いていた。

 メインキャスターになって3か月が過ぎた昨年7月、フランス留学時の仲間と会食中に突然、異変が起きた。胃が握りつぶされるような痛みで、顔は土色と化し、冷や汗が流れ出た。新たな激痛で気を失い、救急車で運ばれた。

 胃に穴が開いていることがわかり、「胃潰瘍せん孔」と診断された。でも、番組のことがとても気になっていた。放送に穴を開けるわけにはいかない。「帰宅したい」と言ったが、即入院になった。

 詳しい検査の結果、開腹手術を勧められた。「嫌です」と断った。「結婚もしてないのに、おなかに傷つけるなんて……」。だが、乙女心の願いも、病魔は許してくれなかった。

 

報道番組キャスター 黒木 奈々(くろき なな)さん 32

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

【追悼】報道番組キャスター 黒木奈々さん

最新記事