文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

ニュース・解説

要介護手前の状態「フレイル」…社会活動、口の衰えから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 高齢になって体力が落ちると、介護が必要な状態に陥りやすくなる。日本老年医学会は、要介護になる手前の状態を「フレイル(虚弱)」と呼び啓発しているが、体が虚弱になる前兆として「社会参加」や「口」の衰えが表れることがわかってきた。東大などが作成した簡易チェック表が今年から、一部の自治体で活用され始めている。

 「フレイル」とは、要介護と健康の間の、筋力や活動が低下した状態を指す。「加齢に伴う衰えも、この段階で手を打てば回復できる」と、日本老年医学会が昨年から予防啓発に取り組んでいる。

 これに先立ち、東大高齢社会総合研究機構は2012年から、千葉県柏市の高齢住民を対象に、虚弱予防の大規模研究に取り組んでいる。その結果などから、フレイルから要介護に陥りやすい高齢者の傾向がわかってきた。

 例えば、約1800人の食事調査では、同居者がいるのに3度の食事を1人でとる「孤食」の人は、1日1回でも誰かと食事する人と比べ、うつ傾向になるリスクが約4~5倍に上った。低栄養になったり歩行速度が遅くなったりする割合も高かった。独り暮らしで孤食にならざるを得ない人より、同居者がいるのに孤食の人の方がこうした割合は高かった。

 また、約1150人の分析で、さきいかや、たくあん程度の硬さの食べ物がかめない人は、筋力低下のリスクが高かった。

 同機構の飯島勝矢准教授は、「社会との関わりが薄れると、日々の活動量や、健康維持への意欲が低下してしまう。口の機能の衰えも低栄養につながる。社会活動や口の機能の低下は、体の衰弱の始まりの目安になる」と分析する。

 同機構では、こうした研究成果をもとに、計11項目の質問に「はい」「いいえ」で答える簡易フレイルチェック表を作成した。食習慣に関する2項目とその他(口、運動、社会参加など)9項目で、表の右側の回答が多くなるほど、フレイルのリスクが高まる。

 また、飯島准教授は、高齢者の筋肉量を簡単にチェックする方法も考案した。題して「指輪っかテスト」。両手の親指と人さし指で輪を作り、ふくらはぎの一番太い部分を囲む。このとき、隙間ができると、筋肉量が少なくなっている可能性が高いという。ただ、指の長さなどの個人差もあるので、あくまで目安だ。

運動、会食の習慣を

 簡易チェックで「要注意」になった人は、どんな対策を取ればよいだろう――。

 食事や運動は本人の心がけもあるが、「地域の何らかのグループ活動に参加するなかで無理なく運動したり、会食したりする習慣ができるのが理想」と飯島准教授。虫歯や歯周病などがある場合は治療する。日頃の食事に歯ごたえのある食材を取り入れ、しっかりかんで唾液の分泌を促すことも重要。唾液腺をマッサージすることで口の渇きが改善する場合もある。唾液腺には、耳下腺、顎下がっか腺、舌下腺がある。例えば、耳下腺の場合は、左右の耳下を軽い力でもみほぐす。

 フレイルの統一的な判定基準はまだない。この簡易チェックは今春から、柏市の介護予防事業で活用されている。今夏には、神奈川県内の複数の市でも活用され始めた。(高橋圭史)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事