文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

熱中症から子ども守る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

十分な睡眠、食事 予防の基本

 多くの地域で猛暑が続き、熱中症が心配されている。特に、子どもは大人よりも熱中症になりやすいうえ、遊びに夢中で、気付かないうちに症状が進む危険がある。親や周囲の大人が気を配りたい。

 熱中症は、暑さが原因で起きる体の様々な異常を指す。初期の主な症状は脱水症で、それにより、めまいや立ちくらみが起きたり、足がつったりする。症状が進むと、命にかかわることもある。

 神奈川県立保健福祉大教授で医師の谷口英喜さんによると、子どもは大人より背が低く地面に近いため、暑さの影響を多く受けることなどから、熱中症になりやすい。

 乳幼児の機嫌が悪く泣いてばかりいる、泣いても涙が少ない、児童の食欲がない、暑いところで汗が出ないなどの状態がみられたら、熱中症が疑われる=図表=。涼しいところに寝かせ、わきの下や脚の付け根を冷やし、経口補水液などで水分と塩分を取らせる。改善せず、意識障害がみられたら、一刻を争うので救急車を呼ぶ。

 こうした状況にならないために、熱中症の予防が大事だ。それには水分補給と考えがちだが、「子どもが水ばかり飲むと満腹になり、食事が取れなくなる」と谷口さん。「睡眠や休息をしっかり取り、3食きちんと食べるのが予防の基本」とし、水分は食事から取り、不足分を水などで補うよう勧める。

 予防するための注意点を、場面ごとにまとめた。

<室内で>

 熱中症は湿度も影響する。エアコンや扇風機を使い、室温28度以下、湿度40~50%を保つようにする。服が汗でぬれた状態だと、それ以上汗がかけず、体温上昇を招くので、こまめに着替えさせる。

<外遊び>

 暑い時間帯の外出は控え、外に出る時も、できるだけ日陰で遊ぶ。太い血管が通る首に直射日光が当たって体温が上がらないよう、つばが後ろ側にもある麦わら帽子などをかぶらせたり、首にタオルを巻かせたりするとよい。

 プールや水遊びは、一見涼しいので油断しがちだが、「水の中にいても、体は汗をかいています」と、谷口さんは熱中症になる可能性を指摘する。15~20分に1回は日陰で休憩し、水分を補給する。

<車での外出>

 乳幼児を車内に残したまま車外に出たところ、ドアロックがかかって開けられなくなる「キー閉じ込み」というトラブルが多発しており、命にかかわる危険もある。

 日本自動車連盟(JAF)によると、昨年7~8月、JAFに出動要請のあったキー閉じ込みのうち、乳幼児が車内に残されたケースは全国で438件。子どもがぐったりしているなど緊急性が高く、ドアガラスを割るなどして救出した事例は9件あった。

 JAFの実験では、気温35度の炎天下で、窓を閉めてエンジンを停止すると、気温や湿度などをもとに算出される「暑さ指数」が、15分で「危険」レベルに達した。

 JAF広報部は「短時間でも子どもを車内に残していかないで」と警告する。

無料アプリで危険度を把握

 熱中症の危険度を手軽に把握するには、スマートフォンの無料アプリが便利だ。

 ヤフーは、アプリ「Yahoo!地図」=写真=で熱中症の予測情報を提供する。「危険」「厳重警戒」「ほぼ安全」など、「暑さ指数」のレベルを示す5種類のアイコンを地図上に表示。登録した地域が「危険」か「厳重警戒」になった際に通知してくれる機能もある。

 NTTドコモのアプリ「あなたの街の熱中症予防」では、事前に設定した地域の危険度がわかる。ドコモ以外の電話会社の利用者でも使える。

 日用品・食品メーカーのサラヤのアプリ「熱中症ナビ」は、現在地の危険度がわかるほか、運動時の注意点や予防方法なども解説している。(森谷直子、崎長敬志)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事