文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

お知らせ・イベント

お知らせ・イベント

[第21回 口腔保健シンポジウム](5)実践講座 1本ずつ 小刻みに丁寧に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
田野ルミさん 埼玉県立大学保健医療福祉学部・健康開発学科講師
田野講師による口腔ケアの指導

 皆さん、磨けてますか。歯磨きの力加減は、歯ブラシの毛先が広がらない程度です。1本ずつ丁寧に磨くことがポイントで、毛先を確実に歯に当て、歯ブラシは小刻みに、細かく振動を与えるように動かします。持ち方は、鉛筆持ちをお勧めします。歯ブラシは上の前歯の2本ぐらいの大きさが目安。

 歯垢がたまりやすいのは〈1〉歯と歯の間〈2〉歯と歯肉の境目〈3〉奥歯のかみ合わせの溝――です。歯と歯の間の歯垢を取り除くには、歯ブラシだけでは6割程度。デンタルフロスや歯間ブラシを加えると、歯垢の除去率が約8割に上がります。

 歯ブラシに加えて歯間ブラシなどを用いた正しい歯磨きを、1日に1回は行うこと。特に睡眠中は唾液が出にくくなり、細菌が繁殖しやすくなります。寝る前は歯を磨きましょう。

【参考になるウェブサイト】

◇日本歯科医師会 テーマパーク8020 http://www.jda.or.jp/park/
◇サンスター Mouth & Body PLAZA  http://www.mouth-body.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

お知らせ・イベントの一覧を見る

最新記事