文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

深層プラス for yomiDr.

医療・健康・介護のニュース・解説

熱中症の正しい知識、予防・対処法を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 近年、猛暑に見舞われる日が多くなった日本列島で、熱中症で倒れる人が続出している。熱中症の警報が出ているにもかかわらず被害に遭ってしまう原因には、熱中症に関する誤解もあるようだ。BS日テレ「深層NEWS」に出演した昭和大学病院救命救急センター長の三宅康史さんが、熱中症についての正しい知識と、予防法や対処法について解説した。(構成 読売新聞編集委員 伊藤俊行)

BS日テレ「深層NEWS」より

 <番組では、気象予報士の木原実さんが今年の暑さの見通しなどについて説明したのを受けて、猛暑日や熱帯夜が続く中で気をつけるべき点を、三宅さんが指摘した>


BS日テレ「深層NEWS」より

BS日テレ「深層NEWSより」

◆予防のポイントは水分補給、室温管理、体調管理

 熱中症にならないために注意すべきポイントは、三つあります。

 一つには、こまめな水分補給をすること。

 そして、こまめな室温管理、気温の管理。自分がどんな暑さの中にいるのかを把握することです。

 もう一つは、こまめな体調管理です。自分の体調がベストでないと、この暑さは乗り切れません。

 私たちの体が夏の気候に順応した「夏の体」に変化するまでには、2週間ぐらいかかると言われています。汗をかきやすくし、うまく放熱するようになるには、やはり2週間ぐらいかかります。ですから、一気に夏になる梅雨明け直後は、危険な時期なのです。気温そのものが高くない梅雨の時期でも、梅雨の合間に訪れる暑い日には熱中症が出ますが、完全に梅雨が明けて、暑い空気や強い日差しが来るようになると、まだ体が慣れていませんから、熱中症にはとくに注意が必要となるのです。

◆軽症の「I度」は現場で、「II度」以上はすぐ病院へ

 2000年以降、日本ではさまざまな診断名に分かれていた症状を「熱中症」という言葉に統一しました。

 それ以前は、医療関係者の間でも、熱射病、日射病、熱疲労、熱けいれん、熱失神と、いろいろな診断名があって、どれが重症で、どれが軽症で、どれが病院に行かなければいけない症状なのか、どれが現場で対応できるものか、分かりにくい面があったのです。一般の方が現場で対処することも大事なのに、医療関係者でも分かりにくい分類では、一般の方に分かるわけもありません。


(図A)BS日テレ「深層NEWS」より

 そこで、熱中症という用語に統一し、軽症から重症まで軽い方から「I度」「II度」「III度」と分けることになりました。(図A)。

 「I度」だったら「現場でなんとかしましょう」。「II度」になったら「もう、病院に行ってください」。「III度」かどうかは、医師が判断します。このように、一般の人にも分かりやすいよう、対処法によって分けています。

 「I度」は、めまい、手足のしびれ、筋肉のひきつりや痛みが出ます。ただ、暑い環境の中にいて体調が悪くなったら、症状にこだわらず、熱中症の可能性があると考えてください。

 これがもう少し強くなると、「II度」になります。頭痛、吐き気、場合によっては、少しぼーっとしてくるとか、意識が少し遠のくという症状が出ます。「II度」の段階では、病院での治療が必要で、救急車で運ぶことになります。

 「III度」になると、かなり症状が強くなり、意識障害が出ます。「II度」か「III度」かは、医師が決めますが、「I度」については、その場にいる人が判断することになります。ここが重要なポイントです。とにかく、上記のような症状が出れば、実は軽い熱中症だと認識してもらい、手を打つことが重要です。今の気温が何度か、室温が何度かをチェックし、水分を少しこまめにとるなどして、症状がそれ以上進まなければいいわけです。ところが、「熱中症かもしれない」と疑わなければ、それと気付かないまま、症状が悪くなってしまいます。実際、入院してくる患者には、そうした人が多いのです。

 暑い環境に長くいたということが、熱中症の前提です。重症かどうかは、意識障害の有無や体温で判断することになりますが、夏場で体温が高く、体調不良で救急車で病院に来る人は、鑑別診断で必ず、熱中症を疑うことになります。

◆高齢患者の半数は屋内でを疑う

 日本救急医学会で調べたところ、高齢者で日常生活中に熱中症になった人の約半数は、屋内で発症していました。

 家に逃げ込んでいれば大丈夫だと思うのは、間違いです。猛暑日、熱帯夜と暑さが連続しますと、その中で体調を崩して重症化し、命を落とすことがあります。


屋内での高齢者の熱中症死亡例
BS日テレ「深層NEWS」より

 強い日差しを受けていなくても、家の中の温度そのものが上がっていれば、問題になるのです。屋内熱中症にかかった人は、ある一日だけでなく、その前日も、その前々日も、室内の温度が上がっていた可能性があります。また、持病の悪化や新たな感染によって熱中症を起こすこともあります。複合的な病態で、命にかかわるところまで悪化することがあるのです。

 高齢者には、エアコンが嫌いな人が多いようですが、エアコンなしでは夜を越せないほどの暑さなのに、今まで大丈夫だったとか、去年も暑かったのに熱中症になっていないからということで、対応が一歩遅れてしまうことがあります。認識を変えてもらうことが必要だと思います。

 室温は28度以下にしておくとよいでしょう。高齢者の場合は、30度以下でも構いません。湿度もできれば、70%よりも低く管理した方が、熱中症予防には効果的です。湿度も管理しなくてはならない理由は、湿度が高いと、体の熱をうまく逃がせなくなるからです。

 高齢者はどうしても暑い状態が続くことで重症化しますので、エアコン嫌いでも、せめて夜だけでも部屋を冷やしておくことが重要です。扇風機にも汗を飛ばす効果はありますが、室温自体が高いと、扇風機ではどうにもなりません。

 また、高齢者はのどの渇きを感じづらくなっているので、1時間ごとにコップ半分の水を飲むというように、ルールを決めておいて、のどが渇かなくても水を飲んでおく習慣づけをしておくことも重要です。

 活動量にもよりますが、やはり1時間にコップ1杯、場合によっては半分でもいい。定期的に水分を補給し、常に体の中を脱水状態にしないようにする必要があります。どうしても夜中におしっこに行きたくないということで、水分補給を制限される高齢者もいますが、寝る前にコップに1杯、おしっこに起きたらそのときに1杯、そして朝起きたら1杯と、こまめに水分補給をしていただきたい。

 また、住んでいる部屋に、必ず温度計を置いてほしいと思います。自分は暑いと感じなくても、温度計が30度を示していれば、水を飲む、エアコンを入れるという対応をすれば、屋内熱中症の予防には効果が出ます。

◆塩分補給は3度の食事で十分?

 水分補給は、お茶やコーヒーだと利尿作用があるので、基本は水で行ってください。また、塩分をとる必要もあります。とくに汗を多くかく人は、汗の中に塩分が含まれているので、塩分を補給する必要があります。

 日本人は総じて、外国に比べて塩分の多い食事をとっています。1日に必要な塩分は6~8グラムですが、日本人は3度の食事をしっかり食べていれば、1日10グラム以上の塩分を摂取できています。ただ、高齢などの理由で、夏に食欲が落ちると、塩分と栄養の不足が起きてしまいます。また、食事の6割は水分だと言われていますので、水分不足にも陥ることになるのです。

 それをどう補っていくか。トマトやキュウリといった夏野菜は、持てば重いことで分かるように、水分が多い。塩を振って食べるとおいしいですよね。スイカもそうです。夏野菜や夏の果物を積極的に食べることで、水分補給、塩分補給に役立つと思います。

◆「弱者」は高齢者、病気がちの人、乳幼児

 熱中症になりやすいのは、まず、高齢者です。

 高血圧、心不全など、病気がちの人も熱中症になりやすい。また、糖尿病などを抱えていると、暑さを感じにくくなります。暑さに気付かずに、熱中症になってしまうのです。

 ほかに、乳幼児は小さい分、地上から跳ね返ってくる輻射ふくしゃ熱を浴びやすいことと、体が小さい分、気温をはじめとする周囲の影響を受けやすい面があります。もっとも、小さい子どもは母親に守られていますから、実際に熱中症になる子どもは少ないのですが、高齢者、病気がちの人、そして乳幼児が、「熱中症弱者」と言えます。

 熱中症で救命救急センターに救急搬送されてくる人は、大きく三つに分類できます。

 一つは、10歳代でスポーツの最中になる事例で、これは男性が少し多い。

 また、20歳代から60歳代の炎天下で肉体労働をしている人です。これは男性が圧倒的に多くなっています。

 そして、日常生活中に熱中症になった高齢者で、男女でだいたい同じ数です。

 子どもが搬送されてくる事例は、最近、少なくなっています。学校が気をつけるようになったためで、クラブ活動でも、昔のように「水を飲むな」はなく、「どんどん休め」「水を飲め」と変わってきました。その結果、小、中、高校での熱中症による事故は、軽症はまだ多いのですが、重症例は少なくなっています。それでも、部活動で子ども本人が「どうしてもこの試合に勝ちたい」などと頑張ってしまうときには、残念ですが、事故が起きることがあります。

◆地域とのつながりも対策に

 熱中症は、自分では気付かないことがあります。とくに、高齢者の場合は、注意が必要です。

 実は、社会性の高い人や地域とつながっている人は、熱中症になりにくいことが分かっています。独り暮らしで家にこもっていて、社会とのつながりのない人は、発見が遅れるとか、暑さ慣れしないということで、熱中症になりやすいと言えます。独り暮らしの高齢者を地域が見守る、場合によっては行政が見守り、社会全体で支えていくことが大事になると思います。

 クールビズのように、服装も熱中症予防には役立ちます。子どもは自分で選ぶことができないので、周囲が気をつけてあげる必要があります。速乾性の服が増えているので、利用するとよいでしょう。

◆屋外では帽子。汗は冷たいタオルで

 屋外で熱中症にかからないようにするためには、まず、帽子をちゃんとかぶることです。日傘を差すのもよいでしょう。

 また、汗をかいたときは、完全に拭き取ってしまうと、汗が乾いて気化熱として体の表面から熱を奪いますから、できれば、硬く絞った冷たいタオルで拭くと、湿度を保ち、冷やすことができるので、効果的です。

 近年の暑さだと、誰でも熱中症になります。例えば、駅に行くまでの間でも、途中のコンビニエンスストアに寄って少し冷やしたり、日陰を選んで歩いたり、信号待ちのときも日陰に立ったりと、気をつけていく必要があるでしょう。

◆迅速な対応が決め手


(図B) BS日テレ「深層NEWS」より

 熱中症ではないかと思ったときの対処は、このフローチャート(図B)を参考にしてください。

 暑い環境にいて体調不良になったら、症状にかかわりなく、熱中症かもしれないということをまず疑ってください。自分自身もそうですし、周囲の人が疑うようにする必要があり、「この人、大丈夫かな」と思うような人を見かけたら、「大丈夫ですか」と声かけてあげる。「大丈夫です。しっかりしています」と答えがあって、しっかりしているなと思えればいいのですが、意識がもうろうとしているような状態のときは、すぐに救急車を呼んでください。熱中症ではなく、脳卒中かもしれませんが、意識がないということは重症です。そして、救急車が到着するまでの間の応急処置が極めて大切です。意識がある場合でも、涼しい場所に避難してもらい、服を緩め、体を冷やしてあげてください。

 体を冷やすためには、首筋、わきの下、足の付け根の前面に、保冷剤か、冷えたペットボトルをタオルに巻くなどしたものを当ててください。太い静脈が近くを通っている部位ですので、冷やすのに非常に効果的です。

 頭を冷やす場合には、おでこだと、体が「冷えた」と誤解して汗が止まってしまうことがあるので、後頭部を冷やすようにしてください。

 また、自分で水が飲めるかを確認してください。無理やり周りの人が飲ませてはいけません。自分で持って、自分でペットボトルの蓋を開けて、自分でうまく飲める。これは、意識がしっかりしているということの確認でもあります。水を飲むということは、体に水分が入り始め、体を冷やし始めたということですから、これ自体が応急処置の始まりとなります。意識がない場合や、体の調子が悪い場合、自分で飲めずに周りの人が無理やり飲ませると、それでむせって、場合によっては窒息する危険性がありますから、自分で飲めない状態であれば、病院に連れていってもらいたいと思います。意識はあるけれども「飲みたくない」という人も、場合によっては、意識がちゃんとしていない状況になっていて、判断できなくなっている可能性もありますから、病院に運んだ方が安全です。脱水状態になっていて、のどは渇いているのに吐き気がして飲めないというときも、点滴してもらう必要があります。

 水分を補給して、状態が回復しているかどうかは、本人ではなく、周囲の人がみてあげる必要があります。そのうえで、回復していると思えれば、何とか現場で対応できるということになります。そうでない場合は、「II度」以上の症状ですから病院につれていく。そうしたことを、このフローチャートで確認できます。

 塩分補給は、スポーツドリンクか、経口補水液で行うといいでしょう。両者とも、塩分と糖分が入っていて、吸収がいい。ただし、後者は病者用食品といって、医療的な縛りがありますので、医薬品を扱っているドラッグストアでしか手に入りません。梅干しと水の組み合わせや、熱中症予防の塩アメなども、効果があります。

 実は、亡くなっている人のほとんどは、病院に来てその日か、翌日に亡くなっています。対処が遅れると、一気に重症化しやすいのが熱中症なのです。逆に、病院に来て助かった人の多くは、1泊2日くらいで退院しています。ですから、どこかの一線を越えてしまうと、我々が頑張っても助けられない。だから、予防と早期対処が非常に重要なのです。

 <2015年7月20日放送の「深層NEWS」をもとに再構成しました。「深層プラスfor yomiDr.」は、深層NEWS(月曜日から金曜日の午後10時~11時放送)の医療関係の放送から、反響の大きかったものについて随時、とりあげます> 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

深層プラス for yomiDr.の一覧を見る

最新記事