文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

茂木健一郎のILOVE脳

yomiDr.記事アーカイブ

海外旅ランの「落とし穴」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 みなさ〜ん、走ってますか〜?


 私は、相変わらず、雨にも負けず、風にも負けず、リバウンドにも負けず、走っております!


 仕事柄、どうしても旅が多いのですが、その旅の間も走り続けるために編み出した、必殺、「旅ラン」。

 今回は、イギリスは、ロンドンにやってまいりました!


 パリで行われる学会を前に、以前留学していたケンブリッジ大学を訪問し、恩師であるホラス・バーロー教授と議論することを目的とした、イギリスの旅。


 しっかりと、旅ランしましたぞよ!


 舞台は、ロンドン中心部にある「ハイド・パーク」。

 広大な緑地の中に、「サーペンタイン」と呼ばれる池があります。


 広々とした自然に恵まれたハイド・パークは、まさに走るのに最適!

 ロンドンに到着した翌日、私は、ジョギング・シューズに履き替えると、ホテルの正面を出て、一路、ハイド・パークに向かって走りだしたのであります。


 さてさて、旅ランにかぎらず、走る時、特に朝のランニングにおいて欠かせない問題が、毎度おなじみの、「トイレ」であります。

 トイレとランニングの関係については、おそらく、古代ギリシャから、すべてのランナーを悩ませてきた、と言っても良いでありましょう!


 走っている時のトイレ! これは、実に重大な問題なのであります。

 とりわけ、朝のランニングにおいては、一種の生理現象として、「大」の方に行く必要が出てくることもある、ということは太陽が東から昇って西に沈む、というくらい周知の事実なのであります。


 走っているうちに、「大」の方の必要性が出てきた場合、もはや走っている場合じゃない、そんなことよりも、とにかくトイレに行け、そうだ、今こそ走っていけ、ということになりかねません。


 すると、「走る」ということの意味が、身体を動かす喜びから、トイレに直行という、全く違った趣旨になってしまう、ということもしばしばあるわけです。


 また、たとえ、走って行ったとしても、肝心のトイレが見つからない、影も形もない、ということになると、「間に合わない」という、人生最大の悲劇が待っていることにもなりかねないわけです。


 つまり、旅ランを朝やろう、という時には、この、トイレ問題をいかに解決するかということが、勝利の方程式なのであります!


日本は素晴らしい

 その点、日本は実に素晴らしい国で、どこに行ってもたいていコンビニがあり、コンビニでトイレを借りることができます。

 また、各所に点在する公園にも、トイレがあり、借りることができます。

 ああ、なんとすばらしい国、日本!

 旅ランをするには、これ以上の国はないと言ってよいでしょう。


 ところが、日本を離れて外国に来た場合、そう簡単に、トイレ安心な旅ランをさせてはくれません。

 たとえば、かつての大英帝国の栄華をしのばせる、ここ、ロンドン。

 旅ランのトイレ事情は、決して甘くはない。

 まずは、コンビニが、日本のようにあちらこちらにある、というわけではありません。


 「トイレお借りしていいでしょうか?」

 「はい、どうぞ!」

 みたいな会話を、流暢りゅうちょうな(笑)英語で店員さんと交わしたいと思っても、そもそもコンビニ自体がない!


 待て、コンビニがなくても、まだ最高裁がある! じゃなかった、公園のトイレがある! とお思いかもしれません。

 ところがですね、そこに、数多くのトラップが潜んでいるのであります!

 まず第一に、イギリスの公園のトイレは、「開いている時間」というのがある。

 そうです、どなたか、係員の方が来て、鍵を開けたり閉じたりする。

 従って、使える時間が「朝何時から、夜何時まで」と決まっているのです。


 走ってかけつけても、ああ、悲劇、鉄の扉がガシャンとしまっていて、その向こうのパラダイスに行けない、ということもある。



おもらしのピンチか!



 さらに、他のトラップもあります。


 今回、イヤな予感がして、ランニング・ポケットに1ポンドのコインをしのばせて、走りだした私。


 ハイド・パークの景観自体は、本当に素晴らしいです。

写真1
 
写真2

 ロンドン五輪のトライアスロンでは、「水泳」の会場にもなったサーペンタイン池(写真1)。

 池のほとりを颯爽さっそうと駆け抜け、芝生に至れば、「ここがロンドンの中心かっ!」という程の、広大な風景が目に飛び込んできます(写真2)。


 現地時刻、朝7時過ぎ。多くのランナーたちが、ハイド・パークを走り、遠い東京からかけつけた私も、ゲスト・ランナーの気分で、彼らとペースを測り合います。

 まさに、走る日英友好!

 ところがですね、案の定、トイレに行きたくなってきたわけであります。

 しかも、案の定、「大」の方であります!


 走っていった、トイレで私を待っていたのは・・・


 ガーン、有料になっている!

 しかも、20ペンス!

 私が持っているのは、1ポンドのコインだけ。ああ、まさかの、トイレに入れずおもらしのピンチか!


写真3
 
写真4

 と思いきや、さすがは現代のロンドン。ちゃんと、両替機があったのであります(写真3)。


 開いててよかった、両替機があってよかったと、いそいそと1ポンドを入れ、5枚出てきた20ペンスのコインの1枚を、ゲート(写真4)に投入すると・・・


 おお、奇跡ではないか! みなさん、ゲートが開きましたよ!

 そして、その向こうには、驚くほど清潔で快適な、トイレが待っていたのであります。

 さすがにシャワー式トイレはありませんでしたが!


 ホテルに帰ってきてから、ハイド・パークのホームページを見ると、2015年の2月から3月にかけて、ロンドン各地にあるハイド・パークなどの王立公園に、有料トイレが順次導入されたとのこと。

 メンテナンスにかかる費用の一部を利用者が負担することで、さらに快適なトイレを提供することが目的だったようです。


 とにかく、ほっとして、再びハイド・パークを走り始めた私。


写真5
 
写真6

 ビクトリア女王の像も、「良かったね!」と言ってくださっているようです(写真5)。


 走っていた私は、ふと足をとめ、手の中の20ペンスのコインを見つめました(写真6)。

 君は、偉い!

 君のおかげで、ぼくは、安心してハイド・パークを走ることができる!


 サマセット・モームの名作は『月と6ぺンス』ですが、私のへなちょこ珍道中のテーマは、「旅ランと20ペンス」。


 旅先で感じやすくなっている私の心に、20ペンス・コインのデザインが、しっかりと刻み込まれたのであります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

茂木健一郎の I love 脳_profile写真

茂木 健一郎(もぎ けんいちろう)
脳科学者、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。1962年、東京生まれ。東大大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。クオリア(感覚の持つ質感)をキーワードに脳と心を研究。最先端の科学知識をテレビや講演活動でわかりやすく解説している。主な著書に「脳の中の人生」(中公新書ラクレ)、「脳とクオリア」(日経サイエンス社)、「脳内現象」(NHK出版)、「ひらめき脳」(新潮社)など。

茂木健一郎のILOVE脳の一覧を見る

最新記事