文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登の相談室

イベント・フォーラム

(3)気になる飛蚊症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 飛蚊(ひぶん)症が気になります。何とかなりませんか? 病院に行った方がいい兆候も教えて下さい。

若倉 飛蚊症とは、水晶体と網膜の間にある硝子体しょうしたいという透明なゼリー状の部分に濁りが生じて、光の加減で虫(蚊)のような、あるいは線状、円状、雲状の影が網膜に映ってしまう現象です。現実に存在しないものが見えると、何でも「飛蚊症」と思ってこの言葉を使う患者さんがいますが、飛蚊症とは異なる現象のこともあるので、注意が必要です。

 飛蚊症は、必ず左右どちらかの片目だけで見える現象です。両眼に見える場合でも、左右眼で形や位置が異なることが大事です。白い壁や青空など、均一な場所を見ている時は目立ちやすく、複雑な背景のところや眼を閉じている場合には見えないのが原則です。さらに、眼を動かすと、飛蚊もその動きにつれて一緒に動いてくるのも特徴です。

 強い近視の方は比較的若くても出現することがありますが、多くは加齢変化です。つまり硝子体は元来、網膜に弱くのりづけされていますが、加齢によりこののりづけががれてしまい、剥がれた硝子体の一部に濁りが生じてそれが見えてしまうのです。

 中には、「硝子体出血」、「網膜裂孔」、「網膜剥離はくり」などの病気で生じる場合もあるので、急に生じた飛蚊症では、眼科で眼底を検査して、病気の有無を確認してもらう必要があります。

 一方、生理的に生じたそれは、無害です。ただ、一度出現すると完全に消失することはありません(長い間に濁りが薄くなったり、変化したりすることはあります)ので、治療は「気にしない」ことしかありません。あるかどうか、探したりしていると、ずっと気になり、こだわることになります。脳の地図の中に刷り込まれてしまうからです。私自身も、たくさんいろいろな形の蚊や糸が見えますが、気にしないというのが、自分でできる最大の治療になっています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

心療眼科医・若倉雅登の相談室

最新記事