文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

コラム

アマゾン川で泳ぎながらのおしっこは厳禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 カンディル(Candiru)という魚をご存知の方は少ないかと思われます。私も、アメリカの泌尿器科学会に出席していて初めて知りました。

 調べてみると本当に恐ろしい魚なので、皆様にお伝えしておこうと思います。

カンディルのイラスト

 カンディルは体長10センチほどの小さな魚で、ナマズの仲間です。アマゾン川などの南米に生息しています。他の大型の魚のエラから、肉を食いちぎりながら体内に侵入していくのが特徴です。Vampire fish(バンパイアフィッシュ)とも呼ばれており、針のような鋭い歯で血管を切り裂いて血を吸います。

 恐ろしいことに、カンディルはアマゾン川に入った人も襲うことがあります。どこから襲うかというと、人の穴が空いている部分、たとえば、耳や鼻や膣(ちつ)、そして尿道に食いついて体内に侵入します。

 膀胱(ぼうこう)までたどり着いたカンディルはそこをも食い破り、時には、人を死に至らしめることもあったというのです。古くには1829年の書物に記載があるらしいのです。

 なぜ尿道に食いつくか、が今日の話のポイントです。カンディルは尿の臭いに反応して餌に食いつくといわれています。先住民には昔から、アマゾン川に入る前にはおしっこをしてはいけないということが伝わっているそうです。

 万が一、食いつかれた時は外科的手術で摘出しなくてはなりません。1997年の報告では、膀胱に食いついたこの魚を内視鏡を使って摘出したとあります。聞いているだけで痛くなるような魚です。

 ただし、カンディルにも弱点があります。アマゾンに自生しているBuitach appleという果物にはクエン酸が豊富に含まれており、それを食べることによってカンディルを殺すことができるというのです。

 ちなみに、クエン酸を内服することによって尿管結石ができづらくなるということは、ここから発見されたと米国泌尿器科学会歴史博物館のパンフレットに書かれていました。そのクエン酸の薬は現在も尿管結石患者さんに使用されています。何事にも歴史がありますね。

 しかし、このカンディルのことについては未(いま)だわかっていないことが多くあるそうです。たとえば、「本当にこんな魚が細い尿道や、狭い括約筋をさかのぼっていくことができるのか?」という疑問があります。私のような疑り深い人間は「自分で入れたんじゃないのか?」とか考えてしまうのですが。

 とにかく、アマゾン川で泳ぎながらおしっこをするのだけはやめておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

コラムの一覧を見る

7件 のコメント

えでdwでwd

wでwでwdwdw

むしろクエン酸で尿管結石が防げる話の方が新鮮だった

むしろクエン酸で尿管結石が防げる話の方が新鮮だった

違反報告

怖っ!

寺門和夫

カンディル が 噛んでる

カンディル が 噛んでる

違反報告

尿道には無理

あまぞん育ち

ブラジルアマゾン出身です。 膣や肛門には入るけど尿道は無理でしょう。 子供の肛門から尻尾が出てるのを見たときは大笑いした。

ブラジルアマゾン出身です。
膣や肛門には入るけど尿道は無理でしょう。
子供の肛門から尻尾が出てるのを見たときは大笑いした。

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事