文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

眼窩窮屈病…珍しくないのに眼科医が知らない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 Cell, Nature, Science。御三家といわれる国際的科学誌です。日本でも御三家雑誌に1本でも論文が載れば、大学教授の席が約束されたようなものだとされ、学者垂涎すいぜんの雑誌です。メディアもいつもこの御三家「CNS」に注目し、話題性のある成果があればすぐに取り上げます。

 さて、前回とりあげた強度近視における眼窩がんか窮屈病は、原因不明の複視の何人かを調べているうちに、共通する因子として強度近視を見つけ、前回説明したようなメカニズムを考えた成果です。

 原因不明というのは、患者にとって将来が見えず、不安を増大させる大きな要素となります。その人の強度近視による合併症として説明できれば、治らなくても納得がゆくものでしょう。しかも、多くの例は、特殊なプリズムレンズを使った眼鏡を合わせることで対応できます。

 何軒もの眼科や脳神経外科などで「わからない」、「異常ない」と言われて、すっかり意欲をなくしていた人が、急に笑顔にもどって普通の社会生活に戻れるのですから、眼科臨床の上では決して小さな発見ではないと、私は自負しています。しかも、強度近視の日本人は多いせいもあって、私どもの眼科病院では、こうした症例がすでに200例近く見つかっており、決して珍しい話ではないのです。

 しかし、この発見そのものは科学という世界では、御三家に掲載されるような大それたものではありません。眼科というローカルな領域の些細ささいな産物です。視覚科学や眼科学領域にも、国際的一流雑誌があり、そこへの投稿を考えました。

 私の研究論文も過去には20編以上がそうした雑誌に掲載されていますが、論文1本が一流誌に掲載されるまでには、実験のやり直しや追加実験、査読者(レフェリーといって論文の価値を判断する研究者)の著者を困らせるような質問への回答作り、原稿の書き直しに次ぐ書き直しと、かなりの労力を費やします。それでもそこまでゆけばいい方で、「創造性がない」、「関心がない」、「つまらない」などと掲載拒絶の憂き目に合ったこともあります。小さな発見でも、「臨床に役に立つので皆に知らせたい」と思うような内容ほど、「話が未熟だ」と拒絶にあいやすいものです。

 そんな体験から、眼窩窮屈病の論文は、掲載されやすい、最近流行のオンライン上だけで閲覧できる英文誌に投稿しました。

 新聞、テレビがこぞってトップに取り上げるニュースは多くの人が知るところとなりますが、片隅に載ったような記事に注目する人は少ないのと同じように、そのオンライン雑誌で発表された内容を知らない眼科医が多くいても、それを責めることはできないでしょう。

 眼科という狭い領域でも、人口に膾炙かいしゃするには何年も、何十年もかかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任。15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人 心療眼科医が本音で伝える患者学」、「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因」(集英社)、医療小説「茅花流しの診療所」、「蓮花谷話譚」(以上青志社)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半は講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事