文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

五十嵐ゆかりのカラダにやさしい発酵食

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

紫外線対策に 塩レモンバジルポテトサラダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

少ない材料で簡単!

 料理研究家の五十嵐ゆかりです。6月は発酵食品と紫外線対策の効果が期待できる食材を組合わせたレシピをご紹介しています。

 今回は、「紫外線対策に 塩レモンバジルポテトサラダ」をご紹介します。発酵食品は塩レモンを使用しますよ。

 バジルの爽やかな香りや塩レモンの清涼感、トマトの酸味でさっぱりと食べられるポテトサラダです。じゃがいもやミニトマト、レモン、バジルに含まれるビタミンCは紫外線による肌のダメージを防いでシミやしわ、肌荒れを防ぐ働きが期待できるといわれています。簡単だけど見た目が華やかなバジルポテトサラダは、おもてなし料理の1品にもおすすめです。

[ 作り方 ]

(1) じゃがいもを皮つきのまま鍋に入れ、ひたひたの水を注いだら強火にかけ、ふつふつとしてきたら弱火で30分ほど茹でる。ザルにあげて水気を切ったら皮をむく。ミニトマトは4等分に切る。塩レモンはみじん切りする。バジルは細かく刻んでからペースト状になるまで包丁でたたく。

(2) ボウルに(1)のじゃがいもを入れてマッシャーなどでつぶし、塩レモン、バジル、オリーブオイル、塩レモン汁、黒こしょうを加えて混ぜたら、ミニトマトを加えてさっと混ぜる。

(3) (2)を器に盛り、あればバジルを飾る。


 短時間で作りたい場合は、皮をむいて一口サイズに切ったじゃがいもを耐熱容器にのせ、ラップをして600Wのレンジで5分ほど加熱してつぶしたものを使用してください。
 じゃがいもの茹であがりの目安は、竹串をさして中まで竹串が通るようであればOKです。じゃがいもの具感を残したい場合は粗め、なめらかな口当たりにしたい場合は細かめにつぶしてください。

◇    ◇    ◇

五十嵐ゆかり(いがらし ゆかり)
1987年生まれ。美顔レシピ研究家、管理栄養士。
料理研究家五十嵐 豪が代表を務める株式会社フードクリエティブファクトリーに勤務。ヤマサ醤油など大手企業のレシピ制作、スタイリング、栄養監修と撮影制作を行っている。

レシピ本「塩レモンでつくる基本のおかず」(角川マガジンズ刊)が発売中。

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ヨミドク健康レシピ_五十嵐ゆかり_201411顔_70px

五十嵐(遠藤)ゆかり=いがらし(えんどう)ゆかり

料理研究家、管理栄養士。
株式会社フードクリエイティブファクトリー代表。1987年生まれ、千葉県出身。発酵食品を料理にプラスしてグンと美味しく、ヘルシーにするコツなど、日々の暮らしに取り入れやすいレシピを提案している。美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。

ブログ:http://foodcreativefactory.com/yukari/
HP:http://foodcreativefactory.com/
書籍:「毎日食べたい麹の献立100」や「塩レモンでつくる基本のおかず」など、多数。

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

五十嵐ゆかりのカラダにやさしい発酵食の一覧を見る

最新記事