文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

茂木健一郎のILOVE脳

yomiDr.記事アーカイブ

運動を始められない人にアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 さて、この連載をご覧くださっているみなさん、「ちょいデブ」ゾーンを挟み、スリム側に行ったり、デブ側に行ったりしながら、がんばっている私の日常の珍報告、いかがでありましょうか?

 ランニングに加えて、暑い季節を乗り切るために、プール通いも始めた私。

 なんとか、ミスター・スリムを目指して、これからも精進したいと思います!

 そう、決意だけは、堅いのであります!!


 ところで、私の周囲にも、この連載を読んでくださっている方がたくさんいらして、感想をいろいろと言ってくださるのですが、それらの方々のほとんどは、運動をしていません(笑)。

 はい、そうなのです。この連載で、私が、運動することの大切さ、日々のランニングの喜びと かなしみ、ああ風雪流れ旅、人生はいろいろ、男もいろいろ、女もいろいろ、そんな一日の中に、運動があったって、いいじゃないか、というそんな人生のスルドイ真実を、総天然色、一喜一憂の、迫力ある筆致でつづっているにもかかわらず、「それもそうだね、それじゃあ、運動をしてみようか」と自らも始める方は、案外少ないのです。


 ちょっと待った~、それじゃあ、この連載の意味がないではないですか!(笑)

 そもそもですね、この拙文は、「ヨミドクター」という、讀賣新聞の中の医療サイトの中の、コラムの一つとして、連載されているわけであります。

 そこには、これからの社会において、健康や医療が、大事なテーマになっていく、という、大きな問題意識、ヴィジョンがあるわけであります。

 長生きすることは、とても結構なことです。一日でも長く、この地上での生を楽しみたい。しかし、そのためには、身体も、脳も、健康で若々しく保ちたい。これは、みんなの願いであります。

 アンチエイジングをする上では、運動が効果的であることは、さまざまなエビデンスでわかっています。

 ですから、このコラムは、私という一個人が、運動に取り組む、という実験報告でもあるのですが、同時に、それを読んだ方々が、そうだ、私も運動しよう、私も健康に注意しよう、明日から、ニコニコ楽しい運動生活を、さあ、始めよう、と思ってくださってこそ、初めて、讀賣新聞がこの「ヨミドクター」というサイトを立ち上げた、その高邁こうまいな理想にも沿うことになるわけであります!

 このような観点から見れば、私の連載を読んで、それで、読者の方が、運動しよう、という気にならない、ということは、つまり、それ(思い切り改行)、


 ダメじゃん!!!(笑)



「そのうちやろう」では結局やらない

 そこで、今日は、私の身体づくりの話はとりあえず放っておいて、みなさんが身体を動かす気になるような、そんなお話をしようと思うわけであります。

 それでこそ、ヨミドクターのこのコラムの意味もあるということでありましょう!

 運動に限らず、何かを始める時に一番大切なことは、行動と自分の間に「壁」をつくらない、ということであります。

 いつかやろう、そのうちやろう、と思っていると、結局やらないことになる。

 極端なことを言えば、「やろう」と思ったら、1秒後に始める。

 それくらいでないと、脳は、なかなか「やるモード」にならないのです。

 実際、私は、「走ろう」と思ったら、即座に行動を開始します。ランニング・パンツに着替え、ランニング・シューズを履き、もう走りだしている。

 仕事をしていて、ちょっと気分転換をしよう、と思うと、すぐに走り出す。この、間髪を入れないことが肝心です。

 そのために、実はひとつ工夫していることがあります。ランニング・パンツは、もちろん、丈の短い専用のものですが、シャツの方は、ふだん着ているTシャツのままで、走りだす。そうすれば、いちいち、ランニング用のシャツを探さないで済みます。

 身体を動かしたいのだけれども、なかなかできないという方に共通しているのは、運動の準備が大変だと思いこんでいること。結果として、障壁を作ってしまっている。専用のシャツがなくてはいけない、特別なウェアがそろっていないとダメだなどと思っていると、それだけ、走りだすまでの手間が増えてしまうのです。


障壁を一つ一つ取り除く

 もっとも、そんなことを言っている私自身にも、なかなか始められない運動の「壁」はありました。

 走ることが難しいのならば、泳げば良い。ようやく、最近になって水泳を始めた私ですが、これまで、長い間、泳ぎに出かけることができませんでした。それと言うのも、途中の「手続き」が面倒だと感じていたからでした。

 着替えるのが面倒くさい。パンツ、ゴーグル、帽子、タオルを用意するのが大変。プールのあるスポーツ・センターまで行き、着替えて、泳いで、また着替えるという手続きが、時間がかかりそうだ。そのようなイメージでいる限り、泳ぎをスタートできません。

 夏のランニングは、暑さとの闘いです。つい先日も、走り始めた午前7時には、22℃と、比較的走りやすい気温にも思えたのですが、走り始めてみると、やがてじっとりと汗が出て、熱が身体にこもりだす。

写真1

 そう、湿度が83%と高かったのです(写真1)。しかし、6月でこうなのですから、これから、7月、8月にはどうなってしまうのか。


 これは、もうダメだ。泳ぐしかない。


 いよいよ本格的に泳ごう、と決めてから、私は、一つひとつの障壁を消していきました。専用のスポーツ袋を用意し、帽子やゴーグルを用意し、水着やタオルをあらかじめ入れてしまって、いつでも出かけられるようにした。

 そのように準備をし、障壁をなくすることで初めて、ある日、30分くらいの時間が空いた、と思った時に、ためらうことなく自然に、プールに向かうことができたのです。

 実際に泳ぎ始めてしまうと、「なぜ、今までしなかったのだろう」と思えるくらい、楽しい。

 そう、外がいくら暑くても、プールの中は快適で、思い切り身体を動かすことができるのです!

 運動を手軽に始めるためには、「運動をしていない自分」を「運動をしている自分」につなげる道から、できるだけ障壁を取り除いていくことです。

 私の場合、ランニングではそれができていたが、水泳ではできていなかった。

 暑さの中でのランニングがきつい、と思うことで、ようやく、本気になって障壁を取り除くことができた。

 結局、運動の習慣化とは、障壁を除去することです。


 どうです? みなさんと運動の間には、まだまだ障壁がありませんか? その障壁を、一つひとつ具体的に取り外すことから始めましょう!

 私のこのコラムが、みなさんがより健康に気をつけた生活を始める、一つのきっかけになれば、これほどうれしいことはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

茂木健一郎の I love 脳_profile写真

茂木 健一郎(もぎ けんいちろう)
脳科学者、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。1962年、東京生まれ。東大大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。クオリア(感覚の持つ質感)をキーワードに脳と心を研究。最先端の科学知識をテレビや講演活動でわかりやすく解説している。主な著書に「脳の中の人生」(中公新書ラクレ)、「脳とクオリア」(日経サイエンス社)、「脳内現象」(NHK出版)、「ひらめき脳」(新潮社)など。

茂木健一郎のILOVE脳の一覧を見る

最新記事