文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常

yomiDr.記事アーカイブ

トランス脂肪酸、日本でも禁止すべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今日はトランス脂肪酸の使用がアメリカで2018年6月から禁止されるという記事についてです。

 まず、あぶらには、常温で液体のあぶら(油)と固体のあぶら(脂)があります。これをまとめて油脂と呼んでおり、この油脂は脂肪酸とグリセリンからできています。この油脂やコレステロールをあわせて脂質と呼んでいるのです。「脂質代謝異常」などという病名に出てくる脂質です。脂肪酸は炭素の原子が鎖状につながったもので、炭素の二重結合がない飽和脂肪酸と、二重結合がある不飽和脂肪酸に分類できます。グリセリンに3個の脂肪酸がついたものがトリアシルグリセロールと呼ばれ、健康診断などで測定される血液中の「中性脂肪」がこれにあたります。不飽和脂肪酸は二重結合のときの構造の違いでトランス型とシス型に分類されます。二重結合を挟んで酸素が同じ側についているものをシス型、反対側についているものをトランス型と呼びます。

 自然界にはトランス脂肪酸はごく微量にしかありません。トランス脂肪酸のほとんどは人工的に作り出されています。常温で液体の植物油や魚油から、固形の油脂をつくるときに、二重結合に人為的に水素を添加して、二重結合を解消します。その時に大量のトランス脂肪酸が合成されてしまいます。つまり、マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングにトランス脂肪酸は含まれ、それを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子や揚げ物にトランス脂肪酸が含まれるのです。


健康への悪影響報告、欧米人が対象

 そのトランス脂肪酸には以前から健康への悪影響が指摘されていました。具体的には、トランス脂肪酸の摂取量が多くなると、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、一方でHDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減ると言われています。そして心臓病のリスクを高めるという報告があるのです。ただこれらの報告は欧米人を対象にしたもので、日本人を対象にしたものではありません。

 そのトランス脂肪酸の使用がアメリカでは2018年6月以降禁止されるということが今回の報道です。一方本邦では厚生労働省は、トランス脂肪酸については、「摂取すべき範囲として表すことが困難」として、目標量の基準を定めてはいません。

 さて、アメリカでは近い将来全面禁止されるトランス脂肪酸を、日本人に対する研究がないという理由で、日本国内での使用を認めて良いかという問題です。僕はどちらでもいいのではと思っています。大切なことは、アメリカという世界の大国が国を挙げて規制に乗り出しているものがトランス脂肪酸であるということを国民が知って、そして考えればいいのです。アメリカ人に比べて、トランス脂肪酸の摂取量は日本人では少ないそうですから、いままで通りにあまり気にせず、トランス脂肪酸が含まれている食品を食べようというのも現状では理にかなっています。また一方で、アメリカで全面禁止されるものは、やはり極力やめておこうというのもひとつの対策です。

 国として規制するにはいろいろと準備も必要でしょう。また、日本人のためのデータの集積が必要です。体に悪いとほぼ認識されているタバコはいまだに世界中で売られています。そして体に悪いとわかっていても喫煙している人は多数います。体にいいと思って喫煙している人もいるかもしれませんが、それはちょっと医療的立場からは擁護できません。


美味しい物は体に悪いことが多い?

 トランス脂肪酸も、健康には好影響だから積極的に摂取しようという人を、僕は医学的に容認できませんが、今回のアメリカの事情などを知って、そして日本人が食するトランス脂肪酸の量であれば安全であろうと考えている人を説得する根拠はありません。僕は生きていくということは、危険の中で過ごすことと思っています。口にする物は基本的に体に悪い可能性があると思っています。とくに美味おいしい物は体に悪いことが多いと思っています。食は個人の自由です。正しい情報を手に入れながら、自分の健康は自分で考えて下さい。

 人それぞれが、少しでも幸せになれますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!_20131107イグ・ノベーベル賞 新見正則さん(1)写真01

新見正則(にいみ まさのり)

 帝京大医学部准教授

 1959年、京都生まれ。85年、慶応義塾大医学部卒業。93年から英国オックスフォード大に留学し、98年から帝京大医学部外科。専門は血管外科、移植免疫学、東洋医学、スポーツ医学など幅広い。2013年9月に、マウスにオペラ「椿姫」を聴かせると移植した心臓が長持ちする研究でイグ・ノーベル賞受賞。主な著書に「死ぬならボケずにガンがいい」 (新潮社)、「患者必読 医者の僕がやっとわかったこと」 (朝日新聞出版社)、「誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握る『レジリエンス』とは何か?」 (サンマーク出版)、「西洋医がすすめる漢方」 (新潮選書)など。トライアスロンに挑むスポーツマンでもある。

イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常の一覧を見る

最新記事