文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

慢性疲労症候群 脳の炎症も関係…客観的な診断法に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 頭痛や微熱、筋肉痛など様々な症状とともに、激しい疲労感に襲われるようになり、生活に長く支障をきたす「慢性疲労症候群」。休めば回復する単なる疲れではなく、脳の炎症も関わる全身性の病気と分かってきた。客観的な診断法や治療法の開発が期待されている。 画像の拡大  慢性疲労症候群が一つの病気と認識されるきっかけは、1984年に米国で原因不明の激しい疲労や痛み、思考力低下などを訴える患者が集団発生し、本格…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事