文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

ニュース・解説

通年性のアレルギー性鼻炎…ダニエキス錠剤 根治期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が表れるアレルギー性鼻炎。スギ花粉の飛散時期に急増する花粉症もその一つだが、季節を問わずに発症する「通年性アレルギー性鼻炎」に悩まされる人も少なくない。今年、根治が期待できる飲み薬が保険適用され、治療の選択肢の広がりに期待が寄せられている。


 アレルギー性鼻炎は、異物から人体を守る免疫が過剰に反応し、鼻などに炎症が起きる病気だ。引き金となる原因物質はアレルゲンと呼ばれ、花粉やハウスダストなどがある。

 アレルゲンを吸い込むと、血液中の免疫細胞が、アレルゲンを排除するためのたんぱく質「抗体」を作る。抗体が、鼻などの粘膜上にある「肥満細胞」に付着。アレルゲンとの接触を繰り返すうちに、抗体が付着した肥満細胞が増え、炎症などを引き起こす物質を放出。また、アレルゲンのさらなる侵入を防ごうと、くしゃみや鼻水などを発症する。

 一方、花粉などの飛散時期に関わらないアレルゲンで起こるものは、通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれる。全国調査では、通年性アレルギー性鼻炎を患う人の割合は、1998年の18・7%から2008年には23・4%へと増えた。年代別では、10歳代以上の各年代でいずれも増加した。

 通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンは、ほこりやダニ、ペットの毛などがある。対処法としては、鼻に入るアレルゲン量を減らすため、小まめに部屋を掃除し、ペットを寝室に入れないことなどが大切だ。

 治療は、鼻の細胞の炎症を抑えるステロイド(副腎皮質ホルモン)の点鼻薬、アレルギー反応を抑える抗ヒスタミン薬の飲み薬などが中心だ。強い鼻づまりには、鼻の穴の粘膜表面をレーザーで焼く手術もある。ただし、いずれも、症状を抑えるだけの対症療法だ。

 ハウスダストのエキスを少しずつ注射して体を慣れさせ、アレルギー反応を抑える治療もあるが、少なくとも2年以上通院する必要がある。

 これに対して、飲み薬である「アシテアダニ舌下錠」が今年5月、保険適用された。日本医大(東京)耳鼻咽喉科教授の大久保公裕さんによると、この薬は、通年性アレルギー性鼻炎の原因の9割を占めるとされるダニに着目して開発された。ダニから抽出したエキスを成分とし、この薬を服用して体に慣れさせ、改善効果を狙う。12歳以上が対象で、舌の下に錠剤を含み、溶かしてのみ込む。注射薬に比べ、自宅での治療が可能で患者の負担は軽い。

 効果を確かめる臨床試験では、アシテアダニ錠と偽薬をそれぞれ約300人に44~52週投与した結果、アシテアダニ錠を投与した人たちの方が症状が改善した。

 ただし、症状の改善や根治につなげるには2年以上かかると考えられる。また、薬による激しいアレルギー反応で呼吸困難などのショック症状が起きる恐れがあり、厚生労働省は、事前に講習を受けて十分な知識や経験を持つ医師が適切に使用するよう求めている。

 大久保さんは「この薬は根本治療につながる可能性があり、特に若年の患者に薦めたい」と話している。(野村昌玄)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事