文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

性とパートナーシップ

コラム

セックス求める夫、一切拒む妻の一言に心折れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 それでは、今回からは、取材させていただいた方の体験談です。

 当初は、ヨミドクターの「医療部発」ブログに感想を寄せてくださった方だけにインタビューさせてもらっていたのですが、全く関係ないテーマでの取材相手や、友人、友人の知り合いまでもが、ちょっと声をひそめて、「あの記事読みました。実は私も……」と語りかけてくれたのは不思議でした。普段は自分一人で抱え込んでいる悩みなわけですが、安心して話せる場があるならば、打ち明けたい、誰かと共有したいと思う方は多いようですね。

◆◆◆

 最初にご紹介するのは、メールで感想を寄せてくださった、中部地方に住む、休職中の50代半ばの男性です。30代初めに職場結婚し、専業主婦となった年下の妻とは、長男が生まれて以来、20年近くほぼセックスレス。誘っても拒まれるようになると、「それでは一緒にいられないね」と、別々の部屋で寝るようになりました。次男を授かった時に、珍しく妻から誘われた数年ぶりの1回以来、完全に拒否されるようになりました。


 「今思うと、子どもをつくるために、排卵日を狙っただけだったのでしょう。次の日からはどう誘っても『いやだ』の一点張りでした。最初は自分も、『子育てで忙しいのだろう。そのうち復活するのかな』と軽く考えていました」


 しかし、子どもが小学校、中学校に入って少しは手が離れても、拒否は続きました。「きれい だね」など、たまに褒め言葉を言ってみても、「下心丸見え」と冷たくあしらわれるだけです。

 7~8年前、大手メーカーの管理職として、徹夜や残業の続く毎日で、心に余裕を失っていた上に、長男がいじめを受けて不登校になるなど、家庭の問題も重なりました。それでも、妻は、セックスはおろか、キスや触れることさえ避け、じっくり話し合うような親密な雰囲気は失われていました。男性は徐々に眠れなくなり、出勤しても体がつらくて半日しか会社にいられない状態となり、うつ病と診断を受けました。

 その後、病状はさらに悪化し、2年前に数か月休職。一日中ごろごろしては食べるだけの生活で体重が一気に25キロ増え、糖尿病も抱えることになってしまいました。

 その後、会社の復職プログラムを受けながら復帰し、病院に通いながら何とか通勤していたある日、自宅にいて、ふと妻に抱きしめてもらいたいという思いが猛烈に募りました。妻に近づいていくと、妻はこう叫んで、身をかわしました。


 「近くに寄られるだけで、ぞっとする!」


 強いショックを受けて、自分の部屋に戻り、男性は隣の部屋にいる妻にメールを書きました。面と向かって尋ねることもできない、おびえるような気持ちでした。


 「なぜ?」


 男性が尋ねると、妻からは、さらにつらい返信が。


 「もう異性として好きではありません。家事は引き受けますから、夫婦関係は勘弁して欲しい。もう結婚失敗したんだから、あきらめたら?」


 その時男性は、自分をかろうじて支えてきた命綱が消えるのを感じたといいます。


 「妻がいたから、うつになっても仕事を20年間頑張れたのに、それは勘違いだったということを突きつけられたんです。ああ、自分は20年近く、命綱なしで走っていたんだなと思うと、生きる意義がなくなってしまいました。頑張る源を失ってしまい、心が折れてしまいました」


 その日以来、仕事に出かけなくてはと思っても、体がどうしても動かなくなり、男性は2回目の休職をして、現在に至ります。

 精神科の主治医には、夫婦関係のことも何度か話そうとしましたが、「うつ病が治ってから考えましょう」と、聞いてもらうこともできませんでした。両親にも一度話したことがありますが、「そんなの、どんな夫婦だってそうだよ」と軽く受け流されました。友人ともうつ病をきっかけに10年近く没交渉となり、通院以外は誰とも会話をしない日々が続いています。


 「色々な要素が重なったのだとは思いますが、妻とのセックスレスが、いつも心の不安につながっていたのは間違いない。子育ての時に、仕事で忙しくてすべて任せてしまったのが悪かったのか、何が悪かったのか、何度も自問しましたが、私たちは話し合うことさえできなかった。我々夫婦の間では、性に関することは悪いことという扱いになってしまって、それを求める自分は悪い人間、それを口にするのも汚らわしいことという雰囲気になっていました。糖尿病もあり、年齢的にも性欲は薄れましたが、誰かに抱きしめてもらいたい、という思いは今もあって、苦しいです」


 休職の期限も間もなく尽きますが、復職プログラムに参加する気力もわかず、八方ふさがりの状況は続いています。

 男性は言います。


 「結婚したら、求め合うのが自然な形だと思っていましたが、妻は子どもをつくるための手段としか考えていなかったのかもしれません。セックスは、夫婦の絆や他人でないことの証しだと思っていたのですが、私は間違っていたのでしょうか」


◆◆◆

セックスレス、日本の企業風土や働く環境の問題も

 出産後にセックスレスになったという夫婦は多いですけれども、出産後の体のダメージ、また、慣れない育児に大変な思いをしている妻を気遣えなかったなど、男性側の問題が指摘されることがよくあります。この体験談で妻が拒否していた理由は、妻側に取材していないのでわかりませんが、実際この男性も、取引先の納期に追われて深夜まで働く毎日で、休日出勤も多く、育児や家事は、ほぼ妻任せだったといいます。

 働く女性も増え、仕事と育児の両立は女性社員に関しては配慮されることも増えてきましたが、そのほかの男性社員、特に専業主婦を妻に持つ男性については(私のように子どものいない女性社員も同じですけれども…)、「フルに働ける」とみなされ、家庭生活にかける時間は後回しにされることが多いように思います。日本の企業風土、働く環境の問題もセックスレスに影響しているのかもしれません。

 また、この男性の場合は、何度も話し合いをしようとしたそうですが、一切拒否され、修復の機会もなく過ごしてきました。妻側に取材していないですし、このブログはどちらが悪いと判断する場でもない(そもそも私はそんなことできませんし…)のですが、カップルでセックスレスに悩んでいる時、拒否している側が、話し合いにさえも応じようとしないのはとても問題だと思います。

 セックスレスはデリケートな話題ですし、長い期間の小さな不満が重なって話し合いで解決できる問題ではないと思ったとしても、パートナーとして共に生きる形を今後も選ぶのならば、相手の不満や悩みに耳を傾ける姿勢を持つのは、当然のことではないでしょうか。

 日本人は「察する文化」がマイナスにも働いていて、「こんなことはパートナーなら当然察するべきだ」「察してくれないのは、相手が人間性に欠けるからだ」などと勝手に判断してしまう“察してちゃん”が大人でも多いように感じます。でも、夫婦やパートナーだって別々の心を持った他人。言葉によるコミュニケーションは必須だと思うのですが、皆さんはどうお考えになりますか?

 ぜひ、ご意見をお寄せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

性とパートナーシップ201505_120px

岩永直子(いわなが・なおこ)

社会部、医療部を経て、2015年5月からヨミドクター担当(医療部兼務)。6月から編集長に就任。医療部ではがん全般や感染症、遺伝子医療、セクシュアリティーなどを担当。夫と二人暮らし。趣味は居酒屋巡りとダイエット。

 編集長あてのメールはこちらから

性とパートナーシップの一覧を見る

140件 のコメント

コメントを書く

夫婦でも

かもみいる

心の繋がりや余裕、恋愛感情が無ければ、無理矢理には出来ません。 関係が上手くいっていないのに、求められたり、当然の行為のように来られたら、嫌悪感...

心の繋がりや余裕、恋愛感情が無ければ、無理矢理には出来ません。

関係が上手くいっていないのに、求められたり、当然の行為のように来られたら、嫌悪感どころか恐怖すら感じます。

性的な事だけ切り離して考えずに、どうして関係が悪くなったのか?から考えて修復を計るのはどうでしょうか?

お互いを思いやっていく関係が築けたら、お子様も大きくなって手がかからなくなったら、恋愛感情も復活するかもしれません。

つづきを読む

違反報告

逆転夫婦じゃないの?

環境を変える

>でも、夫婦やパートナーだって別々の心を持った他人。言葉によるコミュニケーションは必須だと思うのですが、皆さんはどうお考えになりますか?ぜひ、ご...

>でも、夫婦やパートナーだって別々の心を持った他人。言葉によるコミュニケーションは必須だと思うのですが、皆さんはどうお考えになりますか?ぜひ、ご意見をお寄せください。

察してと双方でやるより、この男性の場合だけだけど。自分の好みの料理を作ってくれる女性を捜してその料理をなるべく食べるといいと思います。夫婦だからとセックスもない相手に触れる時間を多くしてもしょうがないでしょう。子供ラブの母になると気が荒くならないと子供を守れないこともあるからセックスどころじゃないだろうし仕事ラブだとお客とかに優しくならないと怒っていては仕事にならないし。妻は男で夫は女的になってないですかね。料理が口にあう女性と過ごす時間を多くしてみてどう変わるか試してみればいいのに。口にあう料理が盛りだくさんの小料理屋の女将と話する環境に変えないで拒否の言葉しかいわない環境にいるんじゃ会社の仕事が続いているのと同じでしょう。そういう相手とセックスしても満たされないと思います。

つづきを読む

違反報告

結局、自分の事だけだよね?

兼業主婦

毎日毎日、仕事家事育児で疲れている私に、言わないと協力もしてくれない旦那。だけどセックスは求めてくる。そして拒否されると、なんで拒否されるのかわ...

毎日毎日、仕事家事育児で疲れている私に、言わないと協力もしてくれない旦那。だけどセックスは求めてくる。そして拒否されると、なんで拒否されるのかわからない。考えるだけ、分かったとしても、他に楽なほうにいく。お金で解決、楽だから、プレゼントでも買ってやろう。でも家事の協力はしない。朝ごはんだけでも毎日自分が作って妻の負担を少しでも無くそう。少しでも体を休ませてあげよう。そんな気持ちにもならないくせに、セックスがしたい?ばかじゃないかな?

つづきを読む

違反報告

自分のことだけ…ですか

それを言いだしたら、拒否してるほうこそ、自分のことだけでいっぱいなのでしょう? どっちのほうがたくさん我慢しているか、DVでもない家庭ではかる物...

それを言いだしたら、拒否してるほうこそ、自分のことだけでいっぱいなのでしょう?
どっちのほうがたくさん我慢しているか、DVでもない家庭ではかる物差しなんてありません。この旦那さんだってわが身を犠牲にして我慢したことやがんばっていたことだってあるでしょう。
しかしおかげで、自分だけが夫婦間の人間関係や家庭で我慢しているとか、そういう一方的な思いがこういったねじれた夫婦関係を作ったのだなということがよくわかりました。
なおせっかく投稿されたのなら、あなたの場合だったら、今後どうしたらこの夫婦が幸せになるのか、ここまできたら別居がいいのか、その辺までご意見をうかがいたいです。むしろそんなに好いてないならとっとと離婚して慰謝料もらう話でもだしてくれたほうがお互いの幸せのためな気もしますが、なんででしょう?そんなゆがんだ家庭でも離婚しないほうが子供のためなのか、経済的理由というものですか?

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事