文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

小雪さん発言炎上に思う 産んでも産まなくても、誰かに何かを言われます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
遠足で新宿御苑に行きました

 先週金曜日は幼稚園の親子遠足で新宿御苑に行きました。天気がよくてたくさんの幼稚園が遠足に来ていました。娘はとても楽しかったようですし、私もママさんたちといろいろお話できていい機会でした。帰った後に娘は何回も「遠足楽しかったね!お弁当美味おいしかったね!」と言っていました。そしてその後、入園後初めて「幼稚園に行きたい」と言いだし、親としてはとてもうれしいことです。

小雪さん「親になって初めて人間に」発言、ネットで炎上

 先日、第3子を妊娠中の女優の小雪さんが映画の製作報告会見で、ポーランド・ロケで2人の子どもと離れて撮影したことについて、「強くならざるを得ないです。女性としても女優としても、いろんな経験をさせていただいて、プラスになっている。親になって初めて、人間にさせてもらっているなと思う」と話したことが記事になり、「親になって初めて人間になるということは、子どもがいない人は人間ではないということか」とネットで炎上したということです。

 文脈から言うと、子育ての経験で人間として成長できたという意味で、子どものいない人を人間ではないというつもりは小雪さんには毛頭ないだろうということは、冷静に読めば分かるはずなのですが、言葉尻を捉えて騒ぎにするのがネットの華なのでしょうか。当該発言が心に引っかかった人というのは「子供を持ってこそ一人前」という世間の空気に反発してきたか、肩身の狭い思いをしてきた人も多いかもしれないと思いました。

 かといって、子供を産んでも好き勝手に言われるのが世の常です。小雪さんの発言と言えば度々こちらのブログで引用させてもらっていますが(「小雪さんで話題 韓国の産後院」、「産後クライシス…夫婦仲が急激悪化」、第1子出産後「最初のうちは育児が大変で子供を可愛かわいいと思う余裕がなかった」との発言が新米ママたちの共感を呼びました。しかし、世間的には「可愛いと思えなんて母性が足りない」などとネガティブな反応も目立ったようです。

 ざっと見ただけでも、こちらのブログで小雪さんのこの発言を2~3回は引用していますが、思えば他に芸能人の方でこのような率直な発言をする方はなかなかいないように思います。余裕がなかったと発言するだけで批判されるようでは、好感度が大切な芸能人の方々が「パパと赤ちゃんの愛に包まれて幸せです」とか「しんどいときもあるけれど、子供の笑顔を見ると吹き飛びます」のようなポジティブなことしか言わないのは仕方ないと思います(それでも赤ちゃんを居酒屋に連れて行ったり、長めのうどんを与えたりしたら叩かれるような世界です)。

ポジティブ育児発言、時にプレッシャーに

 しかし、表に出ている方々が妊娠・育児についてポジティブなことしか言わないことは、世の妊婦さんやママたちにとってプレッシャーになっています。実際に、診療その他で妊婦さんや小さな子供を持つお母さんたちと接していると、「芸能人のブログを見るとあんなに幸せそうなのに、私の妊娠生活は不安とストレスでいっぱいです」「私はなんて優しくない母親なんだろうって落ち込みます」という声はよく聞きます。芸能人にしろ、身近なお友達のSNSにしろ、見せるためのものと実際は違いますよ、ストレスがあって当たり前ですよ、と少しでも心が軽くなるよう伝えています。

 世の中には「愛情」や「母性」があればどのようなことも耐えられるはず、むしろ喜びであるはず、と思っている人が少なくないと思います(医療従事者ですら、授乳中は疲れないホルモンが出るので寝なくてもしんどくないはずです、おっぱいこそ愛です、というようなことを言って産後の母親を追いつめる人がいるくらいですから無理もありません)。

「母性」や「愛情」 心の余裕や周りの支援があってこそ

 しかし、現実の育児は自由がきかず、身体的精神的に負担であること、「母性」や「愛情」は自動的に湧いてくるかのように思われていますが、赤ちゃんを可愛いと思うためには心に余裕が必要です(産後うつスコアと赤ちゃんへの愛着スコアは相関し、産後うつの人は赤ちゃんへの愛着が低いというデータがあります)。

 私自身はやんちゃな娘を育ててきて、いっぱいいっぱいになることもありましたが、娘が可愛すぎて仕方ないという親バカな3年間を過ごしています。しかし、それは私が元来「母性にあふれた母親」なのではなく、家族をはじめ育児や生活、仕事を支えてくれるたくさんの方々や不便でない環境のおかげで、子供を可愛いと思う余裕があるのだと思います(そして、両親が私に愛情をかけて育ててくれたこともあると思います)。ぜひ「私は、自分の子供が可愛いと思えないような人には共感できない」という人も、母性や愛情はすべて「自前」ではなく、環境にもよるということを理解していただきたいと思います。

 赤ちゃんを産んでダメージを受けた体ですぐに始まるろくに眠れない生活、決して自分の思い通りにならない人間のすべてを世話し、目を離さず安全と健康を守る毎日、善悪を教えて行くことは、本気で想像すれば大変だろうなと思うはずです。それに対して無関心でいたい、直視したくないという人にとって都合がいいのが「母性神話」なのではないでしょうか。

 ライフスタイルの見せ方も仕事のために重要な芸能人の方たち。気苦労も多いでしょうが、きれいごと以外の発言も私は応援したいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

53件 のコメント

コメントを書く

小雪さんの言い分もわかるんだけど

ツナマヨ

たしかに小雪さんの言ってることは正論であり、 小雪さんの発言に揚げ足をとる人がおかしいのは確かだけど、 でも、この日本には、いろんな立場の人がい...

たしかに小雪さんの言ってることは正論であり、
小雪さんの発言に揚げ足をとる人がおかしいのは確かだけど、
でも、この日本には、いろんな立場の人がいて、置かれた境遇もみんな違う。
普通の人は、いちいち揚げ足とらないですけど、
不幸な人は、揚げ足取るほど、追い込まれてるのだと思う。
芸能人は、社会的影響力もあるし、発言1つ1つに気を付けなければ、
多くの人を傷つけることにもなる。
文章、「人間になれた」ではなく「成長できた」でよかったんじゃないかな、と思います。

つづきを読む

違反報告

経験値低い

○高ママ

いとこが小学校の教師で、グチはだいたいたいした内容じゃない。 「気にし過ぎ。」 私はいつもそう返していた。 40代で結婚出産を経験後のいとこは、...

いとこが小学校の教師で、グチはだいたいたいした内容じゃない。
「気にし過ぎ。」
私はいつもそう返していた。
40代で結婚出産を経験後のいとこは、最近はいろいろ理解できるようになってきたと言う。
それが現実。
結婚していない人、子どもがいない人が皆さん無知無理解だとは思わない。けれど、ネットであら探しをしてわざわざコンプレックスを刺激させてるようでは理解不能かも。様々な客観的主観的経験と知識と思いやりがあれば、発言の真意が理解できるはず。

つづきを読む

違反報告

反応しすぎ

はん

子供が産めないって言う人は結婚したくても出来ない人の事は考えているのか 過剰に反応しすぎ。

子供が産めないって言う人は結婚したくても出来ない人の事は考えているのか
過剰に反応しすぎ。

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事