文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

緑茶やコーヒー多く飲むと…心・脳疾患死リスク減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 緑茶やコーヒーを毎日多く飲むと、心臓病や脳卒中などで死亡するリスクを低下させるとの調査結果を、東京大や国立がん研究センターなどの研究チームが発表した。

 チームは、全国の40~69歳の健康な男女約9万人を1990年以降、平均19年間追跡調査した。

 緑茶やコーヒーの摂取量と、心臓病や脳卒中、肺炎など日本人の主な死因で亡くなる可能性との関連を解析。緑茶を1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて、死亡するリスクが男性は13%、女性は17%下がっていた。

 また、コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人よりも死亡リスクが24%減り、特に脳卒中については43%も低下していた。5杯以上飲む人については十分なデータが得られず、明確な有効性は確認できなかった。

 チームは、緑茶に含まれるカテキンや、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などの成分が血糖値を改善したり、血圧を調整したりする効果に関わるとみている。

 調査に関わった井上真奈美・東京大特任教授は「緑茶やコーヒーをよく飲めば万全というわけではなく、喫煙や飲酒などの生活習慣の改善も重要だ」と指摘する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事