文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

気になる社会保障Q&A

ニュース・解説

Q 人生のリスクにどう備える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
高橋 勇人
県立高校2年。祖父母と母、姉と暮らす。社会科は苦手。

医療、年金…生活支え合う

  きょうから新聞記者の人と「社会保障」を勉強するって聞いたけど、それって何? なんだか堅苦しそうだなぁ。

  そんなに身構えないでよ。でも、そもそも「保障」なんて言葉にはなじみがないよね。辞書には、「損なわれたりしないように守ること」「守られるように手段を講じること」なんて意味が載っている。


  じゃあ、「社会保障」は何を守るのかな。

  簡単に言うと、私たちの生活だよ。誰だって自立して健康に暮らしたいけれど、長い人生では、個人の力だけではどうにもならないことが起きることがある。こうしたリスクを社会全体で分かち合い、いざというときに支え合う仕組みが「社会保障」だ。


  リスクってどんな?

  身近な例では病気やけがだね。自分は気をつけていても、事故で重い障害を負う可能性もある。子どもを養うために働く親だって、不景気で仕事を失うかもしれない。もし亡くなれば、遺族の暮らしは大変だ。日本人の平均寿命は80歳以上だけど、老後の生活にかかるお金をどうするか、介護が必要になったらどうするかといった「長生きのリスク」もある。


  なんか、すごく不安になってきた。で、「社会保障」には何があるの?

  例えば、医療なら、みんなでお金を出し合って治療費や薬代を賄う「医療保険」がある。失業した時は、次の仕事を見つけるまで「雇用保険」からお金がもらえる。働けなくなったお年寄りや遺族、障害者の生活は「年金」が支える。介護が必要な高齢者は、「介護保険」が頼りになる。障害のある人の生活を支える「障害者福祉」、生活に困った人を支援する「生活保護」も社会保障なんだよ。


  高校生にはどれも縁遠いなぁ。僕、健康だし。

  君だって、風邪ぐらいひくだろう? それに生まれる前から母子健診などで社会保障がかかわっているよ。予防接種や君が通っていた保育園も、社会保障の範囲に含まれている。



  ずいぶん幅広いね。

  「ゆりかごから墓場まで」って言葉を知ってるかな。イギリス生まれの言葉だ。イギリスは第2次世界大戦の後、世界に先駆けて社会保障を充実させたんだけど、その制度について表現したものだ。日本でも、「生まれる前から亡くなった後まで」と言えるぐらい、様々なリスクに備える「セーフティーネット(安全網)」が整備されているんだよ。


  ん? ネット?

  サーカスの綱渡りを思い浮かべて。もし失敗しても、下に網が張られているから落ちても大丈夫だよね。私たちの社会も、社会保障という安全網があるから、安心して様々なことに挑戦したり、仕事にまい進したりできるんだよ。


  日本の社会保障っていつからあるのかな。

  戦前にも生活に困った人への支援や医療保険などはあった。でも、一部の人しか対象じゃなかったんだ。社会保障が充実したのは戦後になってから。日本国憲法は、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」(25条)と生存権を保障している。国には、社会保障を充実させる責任があると規定したんだ。


  生存権って確か授業でも習った気がする。日本に生まれてよかったなぁ。

  そうだね。ただ、当たり前だけど、社会保障にはお金がかかる。最近では年100兆円以上もかかっている。社会保障を考えることは、国のあり方を考えることにもつながるんだ。これから毎週、僕たちが社会保障について分かりやすく解説していくよ。

(石原毅人)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

気になる社会保障Q&Aの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事