文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

女優 大谷直子さん

一病息災

[女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(3)抗がん剤治療 体重33キロに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「見舞いに来る子どもたちの沈んだ様子から、私の病状がかなり悪いことは、察していました」

 実は子どもたちには2007年秋、母の「余命3か月」が告知されていた。母心で、子どもたちから聞き出すことはしなかった。

 リンパ系組織は全身を巡っているため、悪性リンパ腫は他のがんと違い、外科手術はしない。4種類の抗がん剤と、新しく開発された、がん細胞を攻撃する抗体薬による点滴治療が始まった。

 抗がん剤の副作用で、髪の毛が抜けてベッドを汚すのがいやで、先に病院の理髪店で丸坊主にした。「体重は11キロも減って33キロになり、骸骨みたいにやせました」。個室の空きがなく、4人部屋だった。「闘病中の人たちの痛みや悲しみが、よくわかりました」

 1か月の入院の後、3週間おきに通院しながら、点滴治療を続けた。悪性リンパ腫の患者の生存率を高めている抗体薬が効いたのか、半年後、がん治療を終えることができた。

 でも、体力が相当落ちていたので、女優の仕事はできなかった。無収入になり、これまでの貯金を取り崩して暮らした。

 「子どもたちは大人になって、別に住んでいます。だから、ひっそりと一人で生きる、隠とん生活の毎日でした。華やかな芸能界には、もう戻ることはないと思っていました」

 

 女優 大谷 直子(おおたに なおこ)さん(64)

【関連記事】

悪性リンパ腫(1)57歳で「血液のがん」に(2015年3月26日)

大谷直子さん 悪性リンパ腫(2)がん細胞転移 背骨が圧迫骨折(2015年4月2日)

・大谷直子さん 悪性リンパ腫(4)闘病生活 老境の役作りに(2015年4月16日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

<PR情報>

女優 大谷直子さん

最新記事